アウディ「Q4 e-tron」業界内での期待値が高い訳 「リスク覚悟の戦略」で得たアドバンテージ

拡大
縮小
2022年1月17日に国内発表された「Q4 e-tron」(写真:アウディジャパン)
この記事の画像を見る(33枚)

アウディの新型BEV「Q4 e-tron」について、自動車業界内で前評判が高い。

この車は、アウディのBEVシリーズ「e-tron」の最新モデルとして、2022年1月に国内発表。2022年秋から日本でデリバリーが予定されており、販売を前に2022年2月から7月にかけて、全国各地のアウディ販売店でドイツ本社から空輸したヨーロッパ仕様車(左ハンドル)をユーザー向けに先行公開するイベント、「ロードショー」を実施しているところだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ボディサイズは全長4588mm×全幅1865mm×全高1632mm。駆動方式はRWD(後輪駆動)で、最高出力150kW/最大トルク310Nmの電気モーターと、82kWhのバッテリーを搭載する。日本仕様の航続距離(1充電走行可能距離)は未発表だが、500km前後になると推測される。

価格はQ4 e-tronが599万円から、クーペSUVスタイルの「Q4 Sportback e-tron advanced」が688万円からとなり、メルセデス・ベンツ「EQA」やBMW「iX3」、ボルボ「C40 Recharge」などのヨーロッパ車だけでなく、日産「アリア」と比べても高い価格競争力を持つ。

クルマ全体の仕上がりについては、これまでのe-tron各モデルの実績を踏まえると期待が高い。

現時点(2022年3月中旬)では、メディア向けにQ4 e-tronの日本仕様が準備されていないため、アウディジャパンを通じて3モデルのe-tronをお借りして、Q4 e-tronの走り味を推測してみた。

試乗した3モデルは、「RS e-tron GT」(1799万円~)、「e-tron GT quattro」(1399万円)、そして「e-tron 50 quattro S line」(1110万円)だ。

大型でも車幅感覚がつかみやすい「RS」

結論から言えば、最も高価で高性能なRS e-tron GTが、最も扱いやすくとてもリラックスして走れたため、心理的にも体力的にも疲れが少なかった。

なだらかなルーフラインも特徴的な「RS e-tron GT」(筆者撮影)

RS e-tron GTは、ボディサイズが全長4990mm×全幅1965mm×全高1395mm、ホイールベースが2900mmと背が低く大柄なのだが、世田谷区内の細い路地などでも、車とドライバーとの一体感があるため車幅感覚がつかみやすく、取り回しはさほど苦にならなかったのだ。

また、第三京浜から首都高速を抜けていくと、ハンドリングが実にスッキリしていると感じた。

次ページ注目度抜群「タダモノではない」オーラ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT