大学就職率ランキング<学部別、地域別>--就職率から教育力やキャリア支援を検証

今年の就職状況は近年にないほどの落ち込みだった。2008年秋のリーマンショックから続く不況の影響だ。それは就職率にはっきり出ている。

 この4年間の就職率は、各大学の公表分の集計で07年から順に80・5%→81・6%→81・8%と8割超で推移してきた。しかし、今年は74・4%にとどまった。昨年に比べて7ポイント近くの下落だ。

企業の採用では技術系の採用数はあまり減らなかったが、事務系の採用数が減ったのが大きい。企業別に見ても、昨年に比べて三井住友銀行が1112人減、みずほフィナンシャルグループが約980人減、日本生命保険が778人減、東芝480人減などとなっている。これらの企業を含め、日本を代表する300社について、採用人数を昨年と比較したところ、およそ30%も減っている。

こうした採用枠の減少による大企業の厳選採用の動きは、就職活動をサポートする大学にとっても逆風となった。しかし、厳しい就職状況の中でも、高い就職実績を残した大学はたくさんある。4、5ページの表は、今年の文系、理系それぞれの就職率が高い大学・学部のベスト100だ。今春卒業した約50万1000人分を集計したものである。

地方国立大の理系学部が上位に

今年の理系全体の就職率は79・9%で、文系は72・4%だった。理系学部の就職率が高く、文系学部が低い、この傾向はずっと続いている。

理系トップは大阪薬科大学の薬学部で99%。薬学部では薬剤師国家試験の受験資格を得るための修業年限が、4年から6年に伸びた。今年は制度が代わって5年目で、まだ卒業生はいない。大学によっては薬学部に4年制の学科を設けており、その就職実績になる。

薬学部は全体的に就職率が高く、この4年間で見ても07年から87・4%、87・0%、89・7%と推移したが、今年は72・2%に終わった。企業の薬剤師ニーズの高さが、これまで就職率を引き上げてきた。だが、4年制学科は薬剤師養成を前提としないため、その卒業生の就職率が下がったとみられる。就職率の高い薬学部だが、入試ではあまり人気のない系統だ。全国に数多く新設されたことに加えて、学費が2年分増えたこともあり敬遠され、受験生にとっては狙い目の学部になっている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。