大学就職率ランキング<学部別、地域別>--就職率から教育力やキャリア支援を検証


関東や近畿では私大理系が強い

次に地域別を見てみよう。地域別で最も就職率が高かったのが中部で80・2%。次いで中国・四国の79%だった。これは昨年と同じ順位で、大企業の多い関東は72・9%、近畿は72・6%にとどまっている。

地域別にみると、それぞれ特色が出ている。私立大の数が国公立大に比べ圧倒的に多い関東や近畿では、文系より理系で私立大が強い。理系では関東の国公立大は4校、近畿でも9校しか出てこない。北海道・東北では23校も占めているのとは対照的な結果だ。

国公立大の強みは、私立大との学費差が広がる理系といわれている。それを考えると、関東や近畿では私立大の奮闘が目立つ。関東では東京理科大学の4学部がランキングに入るなど、理工系大学の就職率が高い。近畿では近畿大学、関西大学、立命館大学、関西学院大学など総合大学の理工系が強さを発揮している。

文系では旧7帝大といわれる北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学すべてがランキングに登場する。関東では一橋大学も3学部がランキングに入っており、難関大が就職でも強みを発揮している。

ちなみに、ランキングに登場しない早慶は、早稲田大学・政治経済学部83%、慶應義塾大学・理工学部84・5%が両大学中のトップだった。

就職が厳しいといわれながらも、実績を上げている大学・学部はたくさんある。上位を見ると、入試のときの難易度とは異なる結果になっている。これこそ、入学後の就職支援の差とみることもできるのではないだろうか。
(大学通信・取締役情報調査・編集部ゼネラルマネジャー 安田賢治)

>>>次ページ以降に、学部別・地域別就職率ランキングの表

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT