【映像解説】一般定期健康診断にメンタルチェックを導入、その課題とは?

【映像解説】一般定期健康診断にメンタルチェックを導入、その課題とは?

年間の自殺者3万人、精神障害等による労災認定件数が5年間で倍増など、メンタルヘルスに関する問題は深刻さを増している。厚生労働省と国立社会保障・人口問題研究所の共同調査によると、うつ病と自殺による社会的損失額は、2009年の1年間で約2兆7000億円にも上る。

しかし、メンタルヘルス対策に取り組んでいる職場の割合は、わずか34%にすぎない。

そこで、政府は今年6月18日に閣議決定した 「新成長戦略」において、2020年までに「すべての職場において、メンタルヘルスに関する措置を受けられるようにする」ことを打ち出した。

厚労省がまとめた報告書には「一般定期健康診断の実施に併せて、産業医が労働者のメンタルチェックをする仕組みを作る」と「書かれている。

1日も早く、一般定期健康診断にメンタルチェクが導入されることが望まれるが、実施に至るまでにはいくつかのハードルを超えなくてはならない。

一般定期健康診断へのメンタルチェック導入について、東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之が解説する。

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。