【映像解説】一般定期健康診断にメンタルチェックを導入、その課題とは?

【映像解説】一般定期健康診断にメンタルチェックを導入、その課題とは?

年間の自殺者3万人、精神障害等による労災認定件数が5年間で倍増など、メンタルヘルスに関する問題は深刻さを増している。厚生労働省と国立社会保障・人口問題研究所の共同調査によると、うつ病と自殺による社会的損失額は、2009年の1年間で約2兆7000億円にも上る。

しかし、メンタルヘルス対策に取り組んでいる職場の割合は、わずか34%にすぎない。

そこで、政府は今年6月18日に閣議決定した 「新成長戦略」において、2020年までに「すべての職場において、メンタルヘルスに関する措置を受けられるようにする」ことを打ち出した。

厚労省がまとめた報告書には「一般定期健康診断の実施に併せて、産業医が労働者のメンタルチェックをする仕組みを作る」と「書かれている。

1日も早く、一般定期健康診断にメンタルチェクが導入されることが望まれるが、実施に至るまでにはいくつかのハードルを超えなくてはならない。

一般定期健康診断へのメンタルチェック導入について、東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之が解説する。

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ヤマダと組んで赤字脱出なるか<br>崖っぷち大塚家具 “最後”の闘い

昨年末に大塚家具を子会社化したヤマダ電機の大型店で、提携の具体策となる家電と家具のセット販売が始まりました。ただ、ヤマダの業績も振るわず、大塚は自社を立て直す“パーツ”にすぎません。大塚家具ブランドの存在意義さえ危うく、今後1年が正念場です。