シリコンバレーも驚く!リクルートの異端児

現場から生まれる「破壊的イノベーション」

峰岸社長は『週刊東洋経済』(2014年11月1日号)のインタビューで次のように話している。「当社の主役は事業のトップやリーダーだ。経営陣は舞台を提供し、最大のパフォーマンスを出してもらうため、演出することが仕事。成長に向けて新規事業を生み出す、新たなヒーローを作っていく」

石山氏は新たなヒーローになりうるか――。

研究者から飛び込み営業マンへ

石山氏自身、学生時代はいわゆるビジネスや起業には興味がない、超アカデミックなタイプだったという。研究室にこもり、プログラミングや研究に明け暮れ、2年間で論文を18本も書くような学生だった。ところが、リクルート入社後に初めて携わった業務は、なんと「Hotpepper」の飛び込み営業だった。

「修士で論文18本を書いた人は、おそらく日本でもいないのではないか。なのに、4月1日に入社式に出て、4月2日から『Hotpepper』を売ってきてと言われ、3カ月間、飛び込み営業をやった。今、新規事業を立ち上げているが、当時経験した“顧客開発”のプロセスが実はすごく役に立っている」と石山氏は笑う。

石山氏が持つ世界にまたがる人的ネットワークも、リクルート入社後に築き上げたものだ。当時、石山氏のミッションは、リクルートが紙のメディアからネットメディアへとシフトし、各領域でナンバーワンになることをサポートするというもの。5年目になり、石山氏はミッションをほぼ達成してしまい、調査の仕事をしたいと考えていた。そんなとき当時の上司が一言。「サンフランシスコに出張したければ行っていいよ」。

石山氏は、空き時間に情報を収集し、興味が湧いたアメリカ企業に自ら連絡を取り会いに行った。サンフランシスコに飛んだ石山氏は、多くの投資家などを紹介してもらうようになる。そこで得た情報をリクルートに持ち帰り、リクルートも投資をする。そうした流れで、徐々に自身の人的ネットワークも広がっていった。

「リクルートの飛び込み営業と一緒。要は、『まだここにない出会い』みたいに、興味を持った人に会いに行く。そのことを会社が“いいね”と後押ししてくれる。本来の業務ではないにもかかわらず、海外出張も行かせてくれた。まさにこれがリクルートのカルチャー」(石山氏)。

院生時代をひたすら研究室で過ごした石山氏を大きく変えたのは、リクルートのカルチャーだったといえる。

あの『ゼロ・トゥ・ワン』の著者も巻き込む行動力

冒頭でも触れたが、ベストセラー書『ZERO to ONE(ゼロ・トゥ・ワン)』にまつわる驚きのエピソードがある。

次ページこれぞ、オープンイノベーションの面白さ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT