シリコンバレーも驚く!リクルートの異端児

現場から生まれる「破壊的イノベーション」

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏と

MTLでは、オープンイノベーションの一環として、“メンター”と呼ばれるいわゆる講師のような人をそろえている。メンターには500スタートアップスやIDEOのメンバーなど、非常に豪華な顔ぶれがそろう。MTLのメンバーは、世界トップクラスの人物に、毎日のように相談に乗ってもらえるという。まさにぜいたくすぎる環境が用意されているわけだ。

500スタートアップスのレヴァイン氏は、週に丸2日間も、MTLに時間を割いている。レヴァイン氏は、週2日、アメリカにいるときはスカイプを使って1日5~6時間の時間を使う。来日したときは、MTLのオフィスに直接来てプロダクトへのアドバイスなど、ディスカッションをする、という。

オプティマイズリー社のクーメン氏は、グロースハッカー(事業やサービスなどを急成長させる人材)としても世界的に有名な人物だ。そのクーメン氏自ら、MTLのサービスのABテストの相談に乗っている。MTLでは、1週間に200回ものABテストを繰り返し、急成長しているサービスもあるという。最近は、IDEOの東京のメンバーと一緒に新規のプロダクトの開発をしている。

これほどのレベルのメンター陣に自らトレーニングをしてもらえるMTLメンバーのメリットは計り知れない。

MTLのメンバーは、リーンスタートアップの手法、エンジニアリング、デザインなどを、各領域で世界トップクラスのメンターから学べる環境にあるというわけだ。

石山氏は、新規事業を生み出すために、まさに“夢のオープンイノベーション環境”をリクルート社内に作り上げ、メンバーと共有しているのだ。

写真家の蜷川美花氏とコラボ

さてMTLだが、成果は少しずつ上がっている。

2014年9月、リクルートは、フェイスブック社と連携し、ソーシャルメディア向け広告配信の研究・実証組織「アドテクノロジーラボ」を立ち上げた。リクルートとフェイスブック。2大ビッグデータを持つ企業同士が共同で、新しい広告配信技術に取り組む。まさにオープンイノベーションと言える。

アドテクノロジーラボでは、MTLとフェイスブックがそれぞれ持つ、ユーザーの行動ログや属性情報などのオーディエンスデータ、広告配信技術やノウハウをフル活用し、ソーシャルメディア上での広告配信の最適化を研究・実証する。

次ページ人工知能にも挑む
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT