安倍政権はなぜ「女性活用」に追い込まれたか

移民問題と「輝く女性」の意外な関係?

とにかく評判の悪かった女性閣僚たち

前経産相の小渕優子氏

「すべての女性が輝く社会をつくる」。それが安倍内閣の最重要課題だそうである。そのことを象徴するように今回の内閣改造では閣僚・党三役に6人もの女性が充てられた。

女性活用という標語をタテに閣僚ポスト待ちのオジサンたちからの突き上げを避けるという政治的目的もあったろうけれど、この人選、とにかく評判が悪い。彼女たちにはジェンダー論や女性政策の現在にとても追いついていない固陋で保守的な思想的傾向があって、女性活用に明らかに逆行しているというのだ。

ぼくも彼女たちの思想的傾向についての批評には同意できるところが多い。けれど、こうした批評が批判たりえるとして、その矛先が向くのは選ばれた政治家の中身を無視して数だけに注目したメディアであって、別に政権の政策そのものじゃないから、批判としてはいかにも不毛だ。

実際にかたちになる政策が重要なんであって、それを担当するのが男性でも女性でも、どうでもいいじゃないか。女性なのに女性に優しくない、とか目くじら立てても仕方ないでしょうに。

そもそも彼女たちのような女性は実際にいるのだし、しかも彼女たちは民主的な選挙で国民を代表しているのだ。それを閣僚に選んで、女性の活用と言って、それで何がいけないのだろう? 今回の人事を、内閣においてまで女性の登用を進めようとしたアファーマティブアクションと理解するならば、彼女たちの思想的傾向と無関係に、女性がこれまで以上に登用されたことだけでも価値があることになる。

次ページ彼女らの思想は、実際の政策には反映されない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT