「祖父母頼みの子育て」を礼賛できないワケ

現代日本で、どうやって子どもを育てるか?

 

子育てを担うべきは誰か? 《写真:【Tig.】Tokyo image groups / Imasia(イメージア)》

 

もうすっかり忘れ去られてしまっただろうけれど、1年ほど前、ある自民党の杉並区議が「子育ては本来は家庭で行うもの」とブログに書いて、働く女性たちの批判の的になったことがあった。最近も「女性が男性と同じように働けるわけがありません。もともと、性差というものが存在するのですから。(中略)「自己実現」のために「母親」という一番大切な役割を犠牲にしてしまっては、本末転倒です」などと書いているのを見ると、所属政党とも相まって、保守的と見なされるのも当然なのだろう。

でも、これって本当に保守的だろうか? ぼくはそう思わない。そもそも核家族を前提にして、専業主婦一人で子育てするなんて、日本の歴史でもまれな現象にすぎないし、そういった家族こそが革新政党の支持者だったのではなかったか。保守的な子育てということを考えるなら、旧来的な共同体にはあった血縁や地域(もしくは武家のような職分による共同体)による子育てこそ重視しなきゃいけないだろう。

吉本芸人の親の生活保護受給問題を振り返っても……

けれど、地域共同体の役割が薄れた現在において、こうした考え方は決して有効とはいえない。実際、そうした「地域社会の中の家族」とでもいうべきモデルが失われるに従って、国家はそこで担われていた機能を代替してきたのだ。血縁や地域と無関係に、個人や世帯が国家と直接向かい合うこうしたモデルを「社会民主主義」モデルという。

ところが最近になって、地域が無理なら血縁と、「血縁家族」モデルへの回帰が訴えられるようになってきた。一時期話題になった吉本芸人の親の生活保護受給問題なんか典型的だ。追及した政治家たちは法的に不正受給じゃないんだと知ると一斉にモラルの欠如を難じたけれど、そうしたモラルの強調自体が、血縁者は扶養義務を負うべきという「血縁家族」モデルへの志向を示すものだ。

そもそも、法的には、疎遠になった家族に対しても、カネを渡せばパチンコにつぎ込んでしまう親に対しても、扶養義務自体が消えることはない。実際に扶養を行うかどうかについては家庭の状況が勘案されるのだけれど、法的義務としての扶養義務が消えることはないのだ。

次ページ自助努力で成功してもまだ足を引っ張られるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT