実は「寒いほど脂肪は燃える」冬に減量が有効な訳 コロナ太りは薄着になる前に解消できる…かも

印刷
A
A

日本のあるグループによる実験結果もあります。10人の健康な若い男性たちを室温17度の空間に毎日2時間ずつ、6週間滞在させ、これを課されなかったグループと比較しました。すると、冷たい空間で過ごしたグループは、6週間で平均1キロの脂肪を落とすことができたのです。

これらの研究から、褐色脂肪が代謝のスピードを上げ、(白色)脂肪量を減らす可能性があるとわかりました。

毎日のシャワーに冷水をプラスしよう

「冷たさ」によって褐色脂肪細胞のスイッチが入るため、刺激を与えるのは比較的簡単です。次のことを試してみましょう。

•毎日のシャワーの最後の数分を冷水にする
•ときどき水風呂に入る
•毎日、室温を数度下げた部屋で数時間過ごす。その際にセーターなどを着ない
•運動はジムより屋外で。肌寒い日は特に自転車通勤をする

『痩せる脂肪』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

寒くなると褐色脂肪が刺激されることに疑いの余地はありません。ですが、寒いところにいるのが好きな人はあまりいないでしょう。というわけで、実際に寒いところに行かずに、褐色脂肪を活発にする方法も調査が進められています。

例えば、唐辛子の成分であるカプサイシンを、6週間続けて若い健康な男性に錠剤の形状で飲んでもらったところ、代謝が上がることがわかっています。

食べものや薬の及ぼす長期的な影響は、これから定かになっていくでしょう。だからそれまでは、辛いものや冷たいものを食べて、冷たいシャワーを浴びようではありませんか。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT