実は「寒いほど脂肪は燃える」冬に減量が有効な訳 コロナ太りは薄着になる前に解消できる…かも

印刷
A
A
実は寒いこの時期こそ、痩せるチャンスだって知っていましたか?(写真:akeuchi masato/PIXTA)
「脂肪」と聞いて、よいイメージを思い浮かべる人は少ないでしょう。食べすぎてジーンズの上に乗っかったお腹を見て落胆したことは、誰もがあると思います。メディアや広告でも、「ダイエットをして、醜い体脂肪とお別れしよう!」「スリムになって、新しい人生を手に入れよう!」と、現代において脂肪は立派な「悪者」に仕立て上げられています。
ですが、「脂肪は私たちの体に欠かせない、重要な器官です」と語るのは、医師で医学博士のマリエッタ・ボンとリーズベス・ファン・ロッサムです。脂肪は、食欲を抑えたり、健康を維持したりするために必要なホルモンを産生してくれます。健康的に痩せたいなら、脂肪についての正確な知識を持ち、最大限に利用することが重要です。両氏による共著『痩せる脂肪』から、自身の体と健康的に向き合っていくためのヒントを紹介します。

新型コロナウイルスの影響が続くなかで、「コロナ太り」に悩む人が増えています。株式会社からだにいいことは、株式会社ネオマーケティングと共同で全国の20~69歳の女性を対象に「代謝」をテーマにした調査を実施しました。すると、「コロナ太りを解消したい」に対して「あてはまる」「どちらかといえばあてはまる」と回答した人が、48.0%と最多だったのです。

しかし、今は寒い冬の季節。着込んで体型も隠れるからと、「もう少し暖かくなったら運動しよう」と考える人も多いのでは。ですが、実は寒い冬こそ「痩せる」最大のチャンスなのです。

なぜ寒い時期こそ痩せるチャンスなのか?

寒い季節ほど、痩せやすい。これには「褐色脂肪」がかかわっています。

褐色脂肪は、脂肪を蓄える役割がある「白色脂肪」とは異なる機能を持つ脂肪です。例えば、冬眠する動物たちは、多量の褐色脂肪を有しています。できる限りの低体温を保ちながら、冬眠中のエネルギー消費を抑え、冬眠から抜け出す直前に体を短時間で温める必要がある彼らは、身体内に、脂肪と糖を素早く熱に換えるヒーターを持っています。それが、褐色脂肪なのです。

人間の赤ちゃんも大量の褐色脂肪を、とくに肩甲骨のまわりに身につけています。赤ちゃんは大きな頭から熱を失ってしまうにもかかわらず自ら筋肉を震わせて熱を作れないため、褐色脂肪を働かせて、熱を生み出しています。

次ページ褐色脂肪は脂肪を燃やす器官だったが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT