ドイツで急増する「パパ育休」--3歳児神話に勝った育児支援制度


幼い子どもを預けて働く母親は、悪い母親を指す「カラスの母親」と呼ばれて非難されるなど、日本以上に世間の目が厳しい面もあります。

--具体的なドイツの取り組みは?

第2次シュレーダー政権の頃からドイツの家族政策は変わり始めましたが、2005年にドイツで初の女性首相となったアンゲラ・メルケル首相と、医師で7児の母でもあるウルズラ・フォン・デア・ライエン大臣の下で、新たな両立支援策が急ピッチで実行されました。                       

第一に、家族政策の方針を、従来の「子どもが小さいうちは母親が家庭で面倒を見る」といったものから、「共働きを前提に子育て家庭を支援する」ものへと転換しました。これは、家族政策のコペルニクス的転換とも言えるものです。

さまざまな施策の中で、特に成果を上げたのが育児休業中の給付制度の変更です。

従来、ドイツでは「育児手当」として子どもが生後24カ月になるまで月300ユーロ、もしくは生後12カ月まで毎月450ユーロを支給していましたが、新しい「両親手当」制度では休業前の賃金の67%、月に最大で1800ユーロが支給されるようになりました。

両親手当は両親が合計で最大14カ月受給できますが、一方の親が需給できるのは12カ月が上限で、両親ともに取得しない場合は2カ月分の受給資格が消滅してしまいます。つまり、父親の育児休業の取得を明確に意識した制度になっているのです。

--制度導入の成果は上がっていますか。

制度導入前の06年に取得された両親休暇のうち、父親によるものはわずか3.5%しかありませんでしたが、導入後は着実に父親の申請が増え、09年には18.6%まで急拡大しました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT