シンガポールから規制大国日本への挑戦状《新しい経営の形》


 海外に駐在する日本人は、日本で使い慣れた医薬品を使いたいという思いが強い。また、日本の医薬品は高品質であるうえに、デフレで価格競争力がつき、アジアからの需要も見込める。そこで海外の消費者向けに英語版サイトを1月に開設した。目下、中国語版も準備中だ。

07年には米国拠点も設立している。日本との時差を利用した24時間対応のコールセンターの役割と、サプリメントなどの商品の買い付け拠点になっている。今後は、アジアを重点市場として三極体制で海外展開を進めていく方針だ。

大分県臼杵市。人口4万人の小さな地方都市で後藤社長は生まれた。生家は九州では名の知れた鎮痛剤「後藤散」を製造するうすき製薬。うすき製薬は今年創業90周年。後藤社長には、ケンコーコムも同様に、消費者の健康を末永くサポートする会社に育てたいという強い思いがある。だからこそ、ネット通販の規制解除は将来的に必要と確信するのだ。そういった思いが規制への徹底抗戦からさらに、大胆な事業展開図を描かせる原動力となっている。

ネット通販規制の控訴審は始まったばかり。高裁でも決着がつかなければ最高裁まで戦う姿勢だ。通販規制は、秋に開かれる行政刷新会議でも論点になる見込み。後藤社長の戦いはまだ序盤戦だ。

■社名の業績予想、会社概要はこちら

(島田知穂 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年9月25日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。