英語力が爆上がり!「英字新聞」で学ぶ人のコツ

英字新聞は「最強の英語学習」メディアだ

英字新聞こそ最強の英語学習メディア。その活用方法とは?(写真:emi-chiki/PIXTA)
翻訳およびインターネットマーケティングの会社を運営する傍ら、メールマガジン「毎日1分!英字新聞」を発行している石田健さん。2000年9月に発行を開始し、今年でなんと22年目になります。平日毎日発行していて、購読者数は7万人を超えています。
世界最大級のメールマガジンポータルサイト「まぐまぐ!」によると、英字新聞を題材にしたメールマガジンとしては日本最大、英語カテゴリでも全体の2位。
石田さんは一貫して、英字新聞こそ最強の英語学習メディアといいます。その活用法や勉強のコツを、最新刊『1日1分!英字新聞 2022年版』からご紹介しましょう。

英字新聞は最強の英語学習メディア

英字新聞は政治、スポーツ、芸能などなど、さまざまなニュースを扱います。読んでいて飽きることがありません。英語学習は継続することが大事ですから、飽きないというのはとても大事です。しかも、そこで使われているのは最新の時事英語・英単語ですから、使える英語力が自然に身につきます。

読んでいるととてもためになる情報を見かけます。これは保存しておきたい記事だ、と思うことがあります。昔は新聞や雑誌記事のスクラップ帳なるものがありました。今でも探せばあるのでしょうけれど。英字新聞を切り抜いてノートなどに貼りつける作業は、このテクノロジーが進化した時代、考えただけでも面倒です。

そんなときは、スマホで気になる記事を撮影しましょう。片面1ページをすべて撮影しても、親指と人差し指で簡単に拡大して読むことができるのです。

こうやって英字新聞から気になる記事を撮影し、スマホの「写真」の中に「英字新聞」という自分だけのフォルダを作れば、自分だけの英語学習ツールができ上がります。

次ページ1年続ければ、英文読解力が飛躍的に向上?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT