「アイドル」がビジネスに効く5つの理由

ちゃんとした40代になるためアイドルに学ぶべき

1:消費者心理をわからずにビジネスはできない

まず、これに尽きるでしょう。あらゆる「ビジネス」は、最終消費者の購入をゴールとする産業活動の連鎖です。消費者が買わなければどんなビジネスも失敗です。

いや、部品産業には関係ないとか、そもそも上司にどう気に入られるかのほうが大事だという人もいるかもしれません。でも、取引先が成功しないと受注も増えませんし、会社が傾けば上司に気に入られても意味がありません。結局、消費者心理が神様なわけです。

その消費者が、アイドルを選んでいるわけですから、アイドルの向こうに消費者の心理構造を読み解かなければ、ビジネスマンとしては失格です。

2:労働者心理をわからずにマネジメントはできない

次に、今やアイドルファンは10代の若者や、20代のニートやフリーターに限らず、あなたの職場にも社員として多くいるはずです。40代ともなると管理職や現場リーダーも多いと思いますが、彼らの気持ちがわからないで管理はできません。

だいたい、今の若い社員は、雇用の安定や、会社という共同体意識の鼓舞なんてオジサン的アメとムチには、うまく反応してくれません。だからこそ、今や、若手が辞めたり、病んだりは日常的な風景になったわけです。事態の改善には、何より彼らの心理構造を理解する必要があります。それから顔を背けて、モーレツ主義を振りかざして職場をブラック化してはマネジャー失格です。

3:物語の構築法をわからずに商品開発はできない

今や、商品要素を自社内で完全内製化できる時代ではなく、他社商品との差別化は極めて難しい時代です。その中で差別化をなしうるカギが、「物語」です。

たとえスペックは似たような商品でも、それに「物語」をまとわせることで差別化は可能です。同じサンマでも、「三陸産」という事情が東日本大震災からの復興という物語をまとうように、あらゆる商品やサービスにまつわる事情が「物語」の可能性をはらんでいます。

成功した現代アイドルは「物語」をつねに武器にしています。

次ページ4つめの理由、そして……
四季報オンラインの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT