知らないと恥をかく、そばの「3つの食べ方」 そばをおいしく食べるプロの全スキル、教えます

印刷
A
A

「プロの寿司の食べ方、10のスキル」が英語で紹介されています!

(後日談)
N君:そばはおいしかったですが、今回はなんだか疲れましたよ(苦笑)。普段、立ち食いそばばかり行っているので……。今日のそば屋と立ち食いそばの違いって、そば粉以外では何ですか?
河岸:立ち食いそばの大半は、つゆ、天ぷらなどの具材を全部、仕入れている。そばを茹でて、濃縮めんつゆをお湯で薄めて、具を載せて出しているだけ。
N君:それに対して、今日の店はそばを自分で打つ、つゆも鰹節からだしをとって作っている、と。
河岸:そのとおり。だから添加物を使う必要がない。立ち食いそばは、そばにも、めんつゆにも「化学調味料」や「リン酸塩」「甘味料」「酸味料」など、いろいろ添加物が入る。それから立ち食いそばのそばは、安く上げるために、そばの実の殻の部分まで砕いて入れている。
N君:立ち食いそばの中では、そばに黒いブツブツがある店もありますよね。殻が入るといけないんですか?
河岸:殻を入れると、そばの風味は出るけど、あまりしないほうがいい。というのも、殻の部分には菌がつきやすいんだ。殺菌して使っているところもあるけれど、それでも殻は殻だから。まあ考え方の違いといわれれば、それまでだけどね。
N君:しかしさんざん怒られながら食べても、やっぱり、そば、おいしかったですよ。立ち食いそばとは別物ですね。
河岸:だからいつも言ってるじゃない。立ち食いそばは「そば」じゃない、「茶色いうどん」だって。
N君:またまたそんな毒舌を……。

 

というわけで、「そばの食べ方」の基本は以上です。

ほかにも、「そば屋で食べる天ぷら」や「温かいそば」の話は、長くなるので盛り込むことができませんでした。次回作で詳しく解説しますので、ほかにも「そば屋の疑問」があれば、ぜひネット上で声をお寄せください。

前回の「朗報!回転寿司のプロの食べ方、10のスキル」を読んだ人が、その内容を英語に翻訳してこちらにアップしています。「英語ではこう表現するんだ」という勉強にもなるし、面白いので、興味のある方はぜひご覧いただき「SNSで海外発信」いただければ幸いです。

次回は、今回も少し触れた「ヤバすぎる『卵焼き』の裏側」です。外食でよく見かける「カチコチの卵焼き」について、その裏側を紹介します。ヒントは「日本人が大好きなマヨネーズには『黄身』しか使わない。では余った『白身』はどこにいくのか?」ということです。

楽しみにお待ちください。

5万部のベストセラーになっている新刊はこちら→『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』 900円(税別)とお買い得の1冊です!

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT