三越伊勢丹とH2Oを分析する

百貨店が受けた消費増税のダメージはどれほどか?

また、百貨店には、いわゆる「場所貸し業」という特有のビジネスモデルがあります。販売業者は、百貨店に商品を置かせてもらうことで収益を伸ばしていますから、百貨店のほうが販売業者より力が強い傾向があるのです。商品によっては、先に百貨店が仕入れるのではなく、売り上げが出た時点で、百貨店が仕入れるという形態のものもあります。つまり、売れた分だけを仕入れているということです。この場合は、まったく資金負担がかかりません。

いずれにしても、百貨店は、販売業者に仕入れ分を支払う期間を延ばすことで、ファイナンスをつけることができるというわけです。

売り上げは微減だが、コストカットで増益となったH2O

続いて、H2Oの平成27年3月期 第1四半期(2014年4〜6月)の決算内容を見ていきましょう。

損益計算書(7ページ)から業績を調べると、売上高は前年同期より1.4%減の1279億円と、微減になりました。こちらも、三越伊勢丹と同様、時計や宝飾品などの高額商品が落ち込んだのです。

ただ、H2Oは消費増税の影響を見越して、コストカットに取り組んでいました。売上原価を少し抑え、売上総利益はほぼ横ばいの356億円。販管費も若干ですが減少したことで、営業利益は7.2%増の28億円と微増になりました。

貸借対照表(5~6ページ)から自己資本比率を計算すると、40.8%ありますから、安全性には全く問題ありません。

H2Oが受けた消費増税の影響は、自社努力によって回避したと言えます。ただ、今回の増税は乗り越えられたと思いますが、来年10月には、高い確率で消費税率10%への引き上げが行われるでしょうから、収益の確保が一段と難しくなることは間違いありません。

利益確保に苦しむ百貨店、今後はどうなる?

百貨店業界の先行きについて、私は非常に懸念していることがあります。この業種は、売上高営業利益率が非常に低いため、中長期的に存続していうのは難しいのではないかということです。

例えば、三越伊勢丹の売上高営業利益率(営業利益÷売上高)を計算しますと、2.2%。H2Oは2.3%です。いずれもかなり低い水準だということが分かります。

ちなみに、小売大手のユニクロを傘下に持つファーストリテイリングの売上高営業利益率は、12.5%です。これと比較すると、同じ小売りでも百貨店の利益率が非常に低いことが分かります。

次ページ百貨店は生き残れるか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT