三越伊勢丹とH2Oを分析する

百貨店が受けた消費増税のダメージはどれほどか?

続いて、ROA(Return On Assets)を計算してみましょう。この指標は、総資産を使ってどれだけの利益を上げているかを示したもので、「営業利益÷資産合計」で計算されます。ROAは、営業利益のほかに、純利益や経常利益の割合を計算する方法もありますが、ここでは本業の実力を知るために営業利益を使います。

それぞれ、今期の業績予想にある通年の営業利益を使って計算しますと、三越伊勢丹は2.8%、H2Oは3.4%。そして、先ほど例にとったファーストリテイリングは15.2%です。こちらも大きな差があることが分かりますね。

縮小する市場、必要とされるイノベーション

これだけ低収益ですと、百貨店という業種は、中長期的には現状のビジネス形態を維持するのが難しくなるのではないかと感じます。投資家の視点では、同じおカネを投資するのであれば、高いリターンが出る企業を求めますし、金融機関等のおカネを貸す側にとっても、この先もし、金利が高くなるのであれば、リターンの低い企業には貸しにくくなるからです。

今のところ、百貨店2社の安全性には全く問題はありませんが、このように低収益のまま、現在の事業規模を維持できるかというと、難しいのではないかと思うのです。その点でも、何か際立った特色を出すなどの、イノベーションは必要です。

百貨店の市場規模は、年々縮小傾向にあります。今では、コンビニやネット通販の売上高の方が上回っている状況です。百貨店は、立地という面では最高の場所を確保していますが、地の利を十分に生かし切れていないのです。

短期的な注意点は、消費増税の影響がいつまで続くのか、特に7〜9月の業績がどうなるのかという点です。長期的には、来年10月に行われる可能性の高い二度目の消費増税の影響と、縮小していく百貨店市場に対し、各企業が打ち出す戦略に注目です。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT