勉強が進まない理由を「忙しい」で片付けるな

「ピタゴラスイッチ」を仕掛ければ継続できる

このように、「渇望」も「危機感」も、それ単体しかない状態でモチベーションを維持するのは難しいので、組み合わせが必要になります。

ご質問内容だけから考えると、「宅建業法や民法に何が書いてあるのか知りたい」という知識への「渇望」ではなく、「会社が取得を推奨している」、「先輩もみんな持っている」という弱い「危機感」しかない状況であると思われます。

まず、「渇望」してモチベーションを得るためには、脳科学者の茂木健一郎さんが提唱している「アハ体験」が必須です。不動産の契約一つにしても、宅建業法や民法に則った規定が随所にちりばめられています。「あ、これはこういう意味だったんだ。なるほど!」というアハ体験をすると、勉強は面白くなります。仕事と勉強のつながりを意識することで、知識に対する「渇望」が生まれるのです。

自分流「ピタゴラスイッチ」を作ろう

もっとも、ご質問者様も不動産の仕事をしている以上、すでに少なからず宅建の勉強への「渇望」があるかもしれません。知識欲を出すだけで勉強が続くような御仁なら私に質問などしてこないでしょう。そういう方のために、「ピタゴラスイッチ化」によるモチベーション維持をお勧めします。

「ピタゴラスイッチ化」というのは、最初に走り出した後、自動的に「危機感」が高まる仕組みを自ら作っておけ、ということです。

ところで、ピタゴラスイッチはご存知でしょうか? そう、NHK教育テレビで放映されている、謎の仕掛け「ピタゴラ装置」が有名な番組です。最初に力を加えるだけで、自動的に各種仕掛けが作動し、最後には「ピタゴラスイッチ」という番組名がドーンと画面に登場して「おおーっ」となるわけです。いわば未来型ドミノですね。

では、勉強においてはどのようにピタゴラスイッチを作るのでしょうか。そのポイントは3つ。「足切り」「競争」、そして「監視」です。

1つ目の仕掛けは「足切り」。「TOEIC750点とらないと課長に昇進できない」というのは、TOEIC750点を取ったからといって昇進できるわけではありませんが、お尻に火をつけるのに最も効く方法です。会社の規則だと自分で変えるのは難しいですが、たとえば「来年までに受からなければやめる」と家庭内で決めることでも、これは実現できます。時間の足切り基準の設定ですね。

可能であれば、ご自身の試験勉強にも一つ「足切り」の仕掛けを作ってみてください。

次ページ必ず「ニンジン」をぶら下げよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT