勉強が進まない理由を「忙しい」で片付けるな

「ピタゴラスイッチ」を仕掛ければ継続できる

2つ目の仕掛けは「競争」。これは当然ですね。競走馬の調教でも、単走よりも併走(他の馬との競走)の方が馬は早く走りますし、強度の高い練習ができます。人間も同じ。小さな子供が楽しそうにかけっこするのを見ればわかりますが、人間は他人との競争が本質的には大好きだし、競争によって自分一人で出せない力を出すことができます。

ご質問のケースで言えば、同じ宅建を目指す仲間と模試の成績などを勝負するといいでしょう。このときのポイントは「ニンジンをぶら下げる」こと。勝ったときのご褒美を設定しておくことでより頑張るインセンティブが生まれます。

私は高校生の時、昼ご飯を賭けて予備校模試の順位を競って勉強していました。大した金額ではないですが、本能的な「負けたくない」という気持ちに加え、「あいつにドヤ顔された状態で昼飯を奢りたくない」という気持ちがありますので、原始的ながらこの方法はすごく頑張れます。

人の「イジワル心」を利用する

最後の仕掛けは「監視」。人間というのは、私も含め元来怠け者にできています。なので、ちょっと目を離せば仕事でも勉強でもサボる、というのが当たり前です。学生時代、先生が休んで「自習」となった日は、みんなたいていサッカーや麻雀をしていましたよね? 上司やマネージャーがいないときにやけにテンションの高い同僚、いますよね? 学生も社会人も一緒。「監視」されなければサボってしまうのが人間です。

逆に、この「監視」をうまく使えばモチベーションを維持できます。もっと言ってしまえば「人のイジワル心を利用すること」が必要です。

たとえば、私の場合は、何かの試験を受ける場合、周囲の人間に「この試験をいついつ受ける」と言います。そうすると、試験後には「どうだった?」と聞かれますし、試験までの間にも「はかどってる?」などと聞かれます。

この時の周りの人間の心情には、大なり小なり「どうせ続かないんだろう」、「全然ダメで落ちたって言うんだろうな」という、イジワル心があります。否定してもダメです。あなたにもあります(笑)

しかし、このイジワル心が自分にとってのプレッシャーとなり、結果としてモチベーションを維持することができるのは事実。「監視」されると、それが後に引き下がれないプレッシャーとなり、「やっぱりやめた」というふうに言いづらくなるのです。家族や恋人など身近な人に限らず、イジワル心の強い友人や同僚にも「監視」してもらうのがモチベーション維持には効果的です。

と、好き勝手述べてきましたが、あなただけのピタゴラスイッチでモチベーションを維持してみてください。今年の合格を心より祈念しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT