損保合併、“くっつけただけ"の社名に物申す

<動画>「経営者はなにも考えていないのでは?」

「内輪の論理」を中心に合併後の手続きを進めた失敗例として、夏野氏は日本航空(JAL)と日本エアシステム(JAS)の合併を挙げる。

「社名は日本航空を踏襲する代わりに(日本エアシステムの雰囲気を残すために)ロゴの大変革を行ったが、これで世紀のカッコ悪いロゴが出来上がった」(夏野氏)。その後JALの業績は悪化の一途を辿った揚げ句、経営再建の一歩を踏み出した2011年には、「原点回帰」や「ブランド認知の再構築」を理由に結局合併前のロゴデザインに戻している。

ぜひ社名を再考してほしい

こうした他社の事例も踏まえ、夏野氏は「ユーザーのことを考えない、お客さんがわかりにくいような社名を付けるといったことをやる経営者は、絶対成功できないと思う。この名前はぜひ再考してほしい」と忠告する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT