損保合併、“くっつけただけ"の社名に物申す <動画>「経営者はなにも考えていないのでは?」

✎ 1〜 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 最新
印刷
A
A

「内輪の論理」を中心に合併後の手続きを進めた失敗例として、夏野氏は日本航空(JAL)と日本エアシステム(JAS)の合併を挙げる。

「社名は日本航空を踏襲する代わりに(日本エアシステムの雰囲気を残すために)ロゴの大変革を行ったが、これで世紀のカッコ悪いロゴが出来上がった」(夏野氏)。その後JALの業績は悪化の一途を辿った揚げ句、経営再建の一歩を踏み出した2011年には、「原点回帰」や「ブランド認知の再構築」を理由に結局合併前のロゴデザインに戻している。

ぜひ社名を再考してほしい

こうした他社の事例も踏まえ、夏野氏は「ユーザーのことを考えない、お客さんがわかりにくいような社名を付けるといったことをやる経営者は、絶対成功できないと思う。この名前はぜひ再考してほしい」と忠告する。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT