シティバンク銀行、"熱気なき"邦銀の応札

個人金融部門売却の行方はいかに

シティバンク銀行の個人金融部門は33拠点を持つが、売却後はそのリストラが課題に(撮影:尾形文繁)

「この買収は株主の理解を得られるのだろうか」(メガバンク関係者)

9月12日、米金融大手・シティグループの日本法人である、シティバンク銀行の個人向け事業を売却する1次入札が行われた。三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクのほか、新生、三井住友信託など計6行程度が応札した。

その本音は「ライバル行が買収したときのための情報収集」(別のメガバンク関係者)程度。買収が「邦銀にとってプラスになる図柄は思い浮かべにくい」(スタンダード&プアーズの吉澤亮二主席アナリスト)のが実態だ。

実は"プチ富裕層"ばかり?

シティ銀の魅力は富裕層の顧客が多い点。同行の口座を維持するには、一定額以上の預金や取引がなければ、月2160円の手数料を負担しなければならない。必然的にそれなりの資産を持つ顧客が集まる。

富裕層は投資信託や保険といった金融商品を購入することも多く、販売手数料などの収入を得られる。どの銀行も富裕層の顧客を増やしたい意欲は強い。

だが、シティ銀の富裕層顧客は、実は“プチ富裕層”に限られる。シティ銀の前身であるシティバンク、エヌ・エイ在日支店は、2004年にプライベートバンク部門4拠点の認可取り消しを受けた。マネーロンダリングと疑われる取引を許すなど、重大な法令違反があったからだ。

次ページ懸念材料はほかにも…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT