非日系企業の獲得にメガバンクが決済強化

続々と新サービスが登場、欧米銀行を追撃

9月16日から、アラブ首長国連邦のドバイで「サイボス」と呼ばれる国際会議が開かれる。世界の銀行などから決済ビジネスの関係者が集まる、金融業界でも最大級のイベントだ。ユーロ危機への対応などと並び、今回の大きなテーマの一つが貿易決済の電子化。そこで三菱東京UFJ銀行のある案件が紹介される。

7月下旬、三菱UFJは資源メジャー、ブラジルのヴァーレがアジア向けにニッケルを輸出する際の貿易決済サービスを提供した。同行がヴァーレの貿易決済を担うのは初めて。取引獲得の決め手になったのが、BPO(バンク・ペイメント・オブリゲーション)と呼ばれる、貿易取引における銀行間の電子決済だ。

貿易取引には大別して送金取引とLC(信用状)取引がある。送金取引が主流だが、新興国企業が絡む貿易では、銀行が支払いを保証する、LC取引へのニーズは根強い。ただ、LC取引は貿易書類のやり取りが多く、船積みから決済まで平均11日かかる。これがBPOでは約4分の1の3日に短縮できる。

三菱UFJはBPOの契約企業を2014年度までに100社程度へ増やすことを目指す。「海外では非日系企業の取り込みが課題だが、BPOは取引開始の大きなきっかけになる」(トランザクションバンキング部の疋田智一・上席調査役)。取引がなかった非日系企業にBPOで食い込み、ほかのビジネスにもつなげていく。ヴァーレにはBPOを契機に輸出債権の買い取りサービスも提供した。

LC取引の電子化サービスは一部銀行でも行われているが、これまで国際ルールがなかった。7月、貿易慣行を定める国際商業会議所がBPOを国際ルールとして正式に承認。いち早く対応した三菱UFJの案件がサイボスで取り上げられるのだ。

次ページ資金管理の新サービスも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT