就活の常識はこれだ!「登録すべきサービス」9選

内定獲得には「TikTok」が意外にも役に立つ

内定を手繰り寄せるにはどんな就活サイトに登録すればよいか (写真:kai/PIXTA)

新型コロナウイルスの流行前後で、就活は大きく変わった。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

急激なオンライン化が進み、採用担当すら手探り状態の選考がスタート。これまでの「大学のキャンパスを歩いていれば、周りの情報が手に入る」状況は一変し、自宅で能動的に情報を得て動く学生と、そうでない学生の差が大きく開いた。

そして全体的に、今年の就活生は頑張った。2022年卒(大学4年生・大学院修士2年生)のインターン参加社数は前年比で1.3社増えて4.5社。さらに、9割以上がインターンへ応募している(マイナビ 2022年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査・10月より)。

そんな変遷を経て、いま就活生はどこを参照すべきか。2023年以降に卒業する大学生へ向けて、新常識となった登録すべきサービスを9つ紹介していきたい。

会社からオファーがくる逆求人サイト

1. 会社から選考のお誘いがくる「OfferBox」

OfferBox (オファーボックス)は、登録するだけで会社から選考の誘いが届く「逆求人」サイトだ。転職ではこういった登録型のサービスが以前から存在していたが、それが新卒の就活生にも広まった形になっている。

現在、9000社以上の企業がOfferBoxを活用した採用を実施しており、名だたる大手企業も積極的に学生にオファーを出している。業種を問わず就活生なら必ず登録しておくべきサービスだといえる。

しかも、企業には一括送信機能がない。つまり、学生のプロフィールを見て一通一通レターが届くしくみとなっている。逆に言えば、OfferBoxには完成度の高い「自己PR」を記載しておく必要がある。

次ページ転職口コミサイトを参考に
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT