GAFAの戦略バイブルに書かれていた「すごい予言」

知っておくべき「情報経済」というキーワード

刊行は1998年。変化が激しいネットビジネスではもはや古典とも言えるが、膨大な経済学の原理原則にもとづき、情報経済で戦略的に意思決定する方法を解説している。だから時代を超えても役立つ。著者カール・シャピロとハル・ヴァリアンは、理論と実務の両面に精通する経済学の研究者だ。

情報経済の鉄則は意外なほどシンプル。当たり前のことも多い。これを体系的に理解し実践するか否かで、雲泥の差が付く。しかしながらいまだに大多数の日本のビジネスパーソンが、本書の内容を十分に咀嚼していないのも現実だ。本記事ではポイントを紹介していこう。

情報経済の2つの特性と、5つの戦略的視点

最近の私は、映画をネット配信で観ている。制作費数百億円の映画作品でも、視聴料金は数百円だ。私はアマゾンプライム会員なので、追加料金すら払わず映画を観ることもある。この映画・書籍・音楽・ソフトウェアのように情報主体の商品や財が、情報財だ。これら無形の情報財は、有形財であるモノ商品とはまったく異なる特性がある。

クルマのような有形財は、1台つくるたびに生産コストがそれなりにかかる。しかし映画のような情報財は、制作費は大きいが、ネット配信すれば作品を顧客1人ひとりに届けるコストはほぼゼロ。情報財はモノ(有形財)とは異なり、生産コスト(固定費)が高く、追加でもうひとつ生産する費用、つまり再生産コスト(変動費、または限界費用ともいう)がほぼゼロという特性がある。

また完成した映画を公開中止すると、制作費用はすべてムダになり回収できない。このように情報財は生産コストが埋没費用(サンクコスト)になってしまう特性もある。

情報財はこのように「再生産コストはほぼゼロ」「生産コストは埋没費用」という2つの特性がある。そこで情報財では、次の5つの戦略的な視点が必要になる。

次ページ5つの戦略的な視点とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT