「サイボーグになって幸せです」61歳科学者の肉声

「ネオ・ヒューマン」著者独占インタビュー:前編

人類で初めて「AIと融合」し、「サイボーグ」として生きる決断をしたピーター・スコット-モーガン博士(写真提供:著者)
イギリスのロボット科学者であるピーター・スコット-モーガン博士は、全身の筋肉が動かなくなる難病ALSで余命2年を宣告されたこと機に、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだ(詳しくは「人類初『AIと融合』した61歳科学者の壮絶な人生」参照)。
「これは僕にとって実地で研究を行う、またとない機会でもあるのです」
彼の挑戦を描いた自伝『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』が、NHK「クローズアップ現代+」で「ピーター2.0 サイボーグとして生きる 脳とAI最前線」としてとりあげられるなど、日本でも話題となっている。
著者のピーター博士はいま、何を考え、どのように過ごしているのか。東洋経済オンラインでは今日から3回にわたって、その肉声をインタビューでお届けする。

難病ALSが人生のすべてを変えた

――あなたのことを知らない人のために、ALSと診断されてから現在に至るまでの経緯を簡単に教えてください。

4年前、私はスリムで健康体でした。走ることだってできました。しかし今は、顔の一部を除いて完全に麻痺しています。この数年、まったく自分の口では話していません。その意味で、私の人生は根底から変わってしまったと言えるでしょう。

『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』(画像をクリックすると、特設サイトにジャンプします)

きっかけは、ほんの些細な異変でした。2016年の終わりごろ、片方の足元がふらつくことに気づいたのです。と言っても、そうたいしたことではありません。ところがその後、異変は脚全体に広がっていきました。そして、もう片方の脚にも。

2017年11月、私はついに運動ニューロン疾患(ALS、ルー・ゲーリッグ病とも呼ばれる)と診断され、余命2年と宣告されました。

幸い、私は科学者です。この死の宣告も、プロとして取り組むべき課題として受け止めました。

次ページ「僕はまだ、人生を満喫したいんだ!」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT