「サイボーグになって幸せです」61歳科学者の肉声

話題の「ピーター2.0」独占インタビュー:前編

これはルネサンス(再生)であり、生まれ変わりです。私は現在進行形で変身しているのです。

私は障害者(disabled)と呼ばれることを、とてつもなく誇りに感じています。しかし実際のところは、「能力を奪われた(dis・abled)」というより、「能力を超越した(trans・abled)」人間なのだと思っています。

自分のことを「ハンディキャップ(不利)」のある人間だとは決して思いません。「健常者でない」とも思っていません(幼いころから「まともじゃない」とは言われつづけてきましたが)。ただ、これまでの私とは違う。それだけのことです。

「ピーター2.0」は「ヒトよりも優れた点」が多い

例えば、私は寝ている間にも食べたり飲んだりすることができます。一方で、急に用を足したくなって夜中に起きたりすることはなくなりました。高速道路で途中休憩をする必要もありません。実際、最後にトイレに行ってから、もう何年も経ちます。

にもかかわらず、私の体内の水分は、24時間365日、最適なレベルに保たれています。そのために、濡れた布を口と鼻に当てていますが、その状態でも問題なく呼吸ができます。風邪のウイルスが体内に侵入することはまずありませんし、まして胸まで広がることなどありえません。

さらに、私はどんな言語でも、口を閉じたままはっきりと話すことができます。プロの歌手よりも広い音域で歌うことができます。

どんなに長いスピーチでも瞬時に記憶し、思い通りの伝え方ができるようになるまでリハーサルを行い、毎回ミリ秒単位のズレもなく、同じ内容を繰り返すことができます。それに、私のアバターの髪は、決して乱れることがありません(少なくとも私がそう望まないかぎりは)。

そして、私の能力は2年ごとに倍になり、80歳になるころには1000倍になっているでしょう。といっても、「ピーター2.0」の人格は年を取らないのですけどね。

では、こうしたことができない人と、私のどちらが「健常」ということになるのでしょうか?

何が言いたいかというと、サイボーグになりつつある私のQOLは、従来のものさしでは測れないということです。そこには愛があり、楽しみがあり、希望があり、夢があり、目的があります。

そしてもちろん、私はまだ生きています。つまり、本当の意味で生き生きしているということです。生ける屍のように、ただ生きながらえているのではなく、人生を謳歌しているのです!

次ページ「完全な全身まひ」でも人生を楽しむコツ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT