「サイボーグになって幸せです」61歳科学者の肉声

話題の「ピーター2.0」独占インタビュー:前編

なぜそんなふうに思えるのでしょう? フランシスや家族、介護チームがそばにいてくれること、テクノロジーの力を借りられること、たいした根拠がなくても自分は幸運だと信じられること……このあたりに大方の理由があるのは明らかです。しかし、実は他にも理由があって、その気づきこそが実は肝心なのです。

自分自身の「生ける屍」の中に閉じ込められたまま生きるのは、拷問のような毎日だという恐怖のストーリーが、まことしやかにささやかれています。しかし実際には、ヒトの脳というものはもっと前向きです。状況を少しばかり悲しんだあと、あまり深刻に考えないようにすれば、大抵のことは忘れてしまうのです。

いずれ私は、かつては自由に歩き回り、ひっきりなしにお喋りしていたことなど一度も思い出さないまま、年を重ねていくことになるでしょう。私の脳は、すでに独自の「ニューノーマル」に適応しています。脳の可塑性というものには驚かされるばかりです。

この発見は、ALS患者に限らず、重度の障害を抱えたすべての人々に、とてつもない希望をもたらすでしょう。私にとっては間違いなくそうでした。

もちろん、このパンデミックの間、プロジェクトの関係者が、私(と私が使っている機材)に直接アクセスできなくなったせいで、滞ってしまった案件もあるにはあります。しかし、そんなものはごく一部です。私の研究に携わっている人々は皆、普段からパソコンのモニターの前で仕事をしているので、どのみち状況はほとんど変わりません。

ここ最近の大きな進展は、「ホロレンズ2」という、最新型のAR(拡張現実)ゴーグルを手に入れたことです。これを着けると、ハリウッド映画に出てくるサイボーグそっくりになります。このゴーグルは一般では手に入らず、システム開発者のみが利用できるものですが、幸い私たちは研究用に何個か入手することができました。

このゴーグルを使えば、重度の障害がある人々が周囲と関わり合う方法を劇的に変えるためのツールが開発できると確信しています。

『NEO HUMAN』の未来図が現実に

最後に、とてつもなくエキサイティングなことが、ここイギリスのトーキーで始まりました。私が『NEO HUMAN』の終章で描いた未来図のことを覚えていますか? 当時はまったく非現実的に思えたかもしれませんが、いまやそれが現実のものになろうとしているのです。

フランシスと私は、崖(クリフ)の上の土地を手に入れ、もともとあった建物を壊して、ある施設を建てることにしました。名付けて「ハイクリフ(ハイテク・クリフハウス)」です。ハイクリフは、未来の住まいのひとつの形であると同時に、画期的な応用AIの研究所でもあります。

この実験的な「拡張住居」では、建物と敷地内のあちこちに高度なセンサーや装置が配備されていて、これらがAIの目や耳や手足になります。このうえなく機転のきくサイボーグの執事のように、ハイクリフは孫の代まで私たち家族の面倒を見てくれるでしょう。

私たちはあらゆる人々(健常者も障害者も、認知症の人も含めて)のために、ヒューマンセントリック(人間中心)なAIと連携した、まったく新しいライフスタイルを開拓しようとしています。

急速に変わりゆく未来の中で万人が繁栄するために、デジタルイノベーションの力を借りて、人間の生き方を再構築し、強化しようとしているのです。

(中編に続く、翻訳:藤田美菜子)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT