「絶対に管理職にしてはいけない社員」5つの条件

部下から見た「今すぐ降りてほしい管理職」とは

条件3.肩書で人を動かそうとする

「温情人事で辛うじて昇進した実力のない管理職ほど自分を大きく見せたいという意識が強く、肩書で部下を動かそうとします。『課長の俺の言うことを聞けないのか』とか『ちゃんと俺に筋を通してくれなきゃ困るよ』と、とにかく権威主義的・高圧的です。自分に実力がないことをわかっているなら、大人しくしてくれれば良いのにな、と思います」(部品・製造部門社員)

この他にも、「部下の手柄を横取りする」(IT・システムエンジニア)、「部下を信頼せず、部下の一挙手一投足を管理しようとする」(金融・業務部門社員)といった管理職の問題行動が指摘されました。やはり部下にとっては、直属の上司である管理職の自分たちへの接し方に不満を持っているようです。

経営者・人事部が明かす「管理職に向かない社員」

次に、経営者や人事部門責任者に「管理職に上げたくなかった社員」「管理職に上げて失敗だった社員」の条件を聞いてみました。

条件4.向上心がない

「やっとこさで管理職になれたという場合、もうそれ以上の出世の芽はないので、管理職になったことに満足し、まったく努力をしなくなります。あと、担当業務で実績を上げて昇進したという場合、ここからマネジメントスキルを学んでほしいのですが、なかなか気持ちの切り替えができません。そういう向上心のない管理職の姿勢は部下にも確実に伝播し、職場全体が無気力になってしまいます」(食品・人事部門担当常務)

条件5.経営的な視点・姿勢がない

「経営環境の不確実性が増す中、職場の管理職と言えども、戦略構想力が不可欠になっています。戦略構想力を持った上で、多様な意見を統合して成果を生み出すマネジメント力や複数のシナリオを描くなどをスピーディーに行うことが求められます。プレイヤーとしては優秀でも、そういう経営的な視点・姿勢を持った管理職は少ないですね。われわれの育成が失敗したということですが」(物流・社長)

この他に、不適格な管理職は「上からの指示を下に伝えるだけで、自分の責任で職場を改革しようとしない」(小売・人事部長)、「世の中の動き、お客様の声、競合の戦略に目を向けず、自分の殻に閉じこもっている」(エネルギー・社長)という指摘がありました。経営者や人事部門は、管理職に一般社員と違った次元の高い取り組み姿勢を求めているようです。

次ページなぜ不適格な管理職がのさばるのか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT