住む場所の変化が「シン・街道資本主義」を生む訳

「街」のメディア化が導く「鉄道資本主義」の終焉

日本でも有数のショッピングモール街が国道16号線沿いに広がっているJR横浜線の古淵駅周辺(写真:筆者提供)

いま、人類全員は「だれでもマスメディア時代」に生きています。

「メディア」というと、通常、私たちはマスメディアを連想します。

旧来のマスメディアといえば、テレビやラジオ、雑誌、新聞といった4大マスメディア。書籍や映画などもマスメディアといえるでしょう。

そんなメディアの世界が、インターネットの登場以来激変しています。従来のマスメディアの衰退だけではありません。もっと大きな変化は、あらゆる人間がその気になれば、マスメディア化してしまう時代になった、ということです。

メディアの「生態系」が変わった

メディアは3つの要素で成り立っています。

1つは、コンテンツ。伝える中身ですね。テレビやラジオでいえば番組、雑誌や新聞でいえば記事がコンテンツです。

2つめは、プラットフォームです。コンテンツを流通させるためには、それぞれのメディア専用のプラットフォームが存在します。テレビやラジオでいえば放送技術、雑誌でいえば印刷技術と取次から書店にいたる流通網、新聞でいえば、自社の印刷工場そして販売店による宅配網がプラットフォームです。

3つめは、ハードウェアです。私たちは超能力者ではないので、コンテンツを以心伝心で脳内に取り込むことはできません(映画『マトリックス』や『攻殻機動隊』のように、将来はできるようになるかもしれませんが)。テレビならば、テレビ受像機、ラジオならばラジオ受信機、雑誌や新聞ならば、紙の束である、皆さんが手に取れる雑誌や新聞そのものが、メディアコンテンツを「再生」するハードウェアです。

それぞれのメディアは独立した「生態系」に属していました。テレビも、ラジオも、雑誌も、新聞も。ところが、インターネットの登場と普及により、マスメディアの世界は様変わりしました。

次ページインターネットが作っただれでもマスメディア時代
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT