データで判明「TV揺るがすサブスクの脅威」の本質

約100万台の視聴ログで分析する民放への影響

スマートテレビでは何が見られているのか。分析すると興味深い事実が浮かび上がりました(写真:Piotr Adamowicz/PIXTA)
この記事の画像を見る(8枚)

有料動画配信が広告付き無料放送に与える影響

近年、テレビ受像機をインターネットに接続し、YouTube(ユーチューブ)やNetflix(ネットフリックス)といった動画配信サービスを視聴する行為が普及していることが注目されている。

8月25日配信の記事(「データが証明「YouTubeに食われる放送局」の実態」)ではスマートテレビ約100万台の視聴ログを分析し、スマートテレビでのアプリの視聴はテレビの電源が入っている時間の約20%にも達しており、一部の時間帯ではユーチューブがほかのどの放送局よりも高い利用率となっている実態を見た。

本稿は同じスマートテレビ約100万台の視聴ログの分析から、スマートテレビにおいて同じく普及が進んでいるネットフリックス、Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)、Hulu(フールー)といった有料動画配信サービスに着目しながら、これらのサービスの普及が「広告付き無料放送」という多くの民間放送局の収益基盤であるビジネスモデルに与える影響を見ていく。

次ページまずは放送と配信の構成比を分析
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT