宇野郁夫・日本生命保険会長--保険経営に必要なのは長期的視点と中庸の精神

宇野郁夫・日本生命保険会長--保険経営に必要なのは長期的視点と中庸の精神

6月初旬にスペインのマドリードで開催された世界保険会議(IIS)で、日本生命の宇野郁夫会長が日本人として初めて基調講演を行った。IISは世界92カ国の保険会社のトップや保険関係者らが集まる国際会議で、今回のテーマは「金融危機を乗り越えて」。講演は英語で行われ「市場主義は、行きすぎると避けがたい崩壊を招く」と警鐘を鳴らした。危機後の保険業の果たす役割、長期的視点に立った経営の重要性などについて聞いた。

--日本人初の基調講演ということですが、講演内容についてはいつ頃から考えていましたか。

昨年の8月ごろ、この基調講演の依頼がありました。その後アメリカ出張があって、たまたまカーター元米大統領のスピーチライターをしていたゴードン・スチュアート氏にお会いした。

彼に「草稿の手直しをしてもらえないか」と頼んだら、「大事なのは手直しすることではない。君は何を言いたいんだ? それを今話してくれ」と。そのとき話す内容は何も決めていなかったが、日頃思っていたことを話したんです。

金融の世界を物理学でとらえるなんておかしい、と。人間の心理とか、欲望とか、精神のあり方などすべて反映されているのが、金融の世界。収益第一主義で永久に成長ありき、なんてことがありうるのか……。

「こういうことを話したら、米ウォール街から反発を受けるか?」と聞いたんです。すると、スチュアート氏は「勇気を持て! 言いたかったら言え」と。それで、日頃から考えていたことをまとめました。

ただ、すべて自分の意見として話すと、お説教になってしまうので(笑)、ギリシャ哲学、東洋哲学とか、開催地のスペインの哲学者であるオルテガ、あるいはアダム・スミス、ケインズ、ヒックス、サミュエルソン、J・P・モルガンなどの言葉を引用しながら、まとめました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。