宇野郁夫・日本生命保険会長--保険経営に必要なのは長期的視点と中庸の精神


 生命保険会社というのは、短期間で急成長することはありません。20年、30年と時間をかけて契約者を守り、信頼を築いて大きくなっていく。買収したり、合併して大きくなるのは、成長ではありません。

--変化の激しい今、保険会社のリーダーに必要な素養は。

保険会社の経営者に必要なのはリーダーとしての誠実さ、高潔さ、そして「中庸の精神」の強さではないでしょうか。保険業界は、超長期にわたって、顧客に対しての責任をまっとうしなければならないわけで、そこで一貫して変わらぬ背骨となる「精神性の高さ」を堅持していくことです。

(聞き手:木村秀哉 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2010年7月10日号)

うの・いくお
1959年3月東京大学法学部卒業、日本生命入社。86年取締役人事部長、88年常務国際金融本部長、91年専務、法人職域部・企業保険契約部担当、94年代表取締役副社長、97年代表取締役社長、2005年より現職。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT