「LGBTQヒーロー」が歓迎されるべき納得理由

ヒーローは「白人男性」だけの特権ではない

このような例が、ハリウッドでこれから先、ますます見られるようになっていくことは間違いない。

最近、マーベルのトップであるケヴィン・ファイギは、現在製作中の『マイティ・ソー』シリーズ第4弾と、来月公開予定の『エターナルズ』にLGBTQのキャラクターが登場することを認めている。

かつて白人ストレート男性ばかりを主人公にしてきたマーベルは、近年、女性が主役の『キャプテン・マーベル』『ブラック・ウィドウ』、黒人キャストの『ブラック・パンサー』、アジア系キャストの『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を公開し、いずれも成功させてきた。さまざまな背景の人間を主役に据えてきた彼らが、次にLGBTQのキャラクターを登場させるのは、当然の流れとも言える。

「白人ストレート男性」だけがヒーローではない

ファイギはまた、『ブラック・パンサー』が公開されたとき、自分みたいなヒーローが登場することに感激した黒人のファンが「白人はいつもこんなふうに感じてきたのかな」と投稿したのを見てはっとしたとも語っている。

白人ストレート男性である自分は、それを当然のことと受け止めてきたのだと、そのとき初めて気づいたというのだ。幸い、ファイギには状況を変えていくパワーがある。そのことを十分認識している彼は、今後、そのパワーをたっぷりと使っていくはずだ。

そして、多様化への意識が進むハリウッドには、同じことを考えている人が、ファイギ以外にもいる。今回のスーパーマン騒動は、まだ始まりにすぎない。そのうちきっと、いちいち騒がれることもなくなっていくことだろう。少なくとも、そう願いたいものだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT