「LGBTQヒーロー」が歓迎されるべき納得理由 ヒーローは「白人男性」だけの特権ではない

拡大
縮小

このような例が、ハリウッドでこれから先、ますます見られるようになっていくことは間違いない。

最近、マーベルのトップであるケヴィン・ファイギは、現在製作中の『マイティ・ソー』シリーズ第4弾と、来月公開予定の『エターナルズ』にLGBTQのキャラクターが登場することを認めている。

かつて白人ストレート男性ばかりを主人公にしてきたマーベルは、近年、女性が主役の『キャプテン・マーベル』『ブラック・ウィドウ』、黒人キャストの『ブラック・パンサー』、アジア系キャストの『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を公開し、いずれも成功させてきた。さまざまな背景の人間を主役に据えてきた彼らが、次にLGBTQのキャラクターを登場させるのは、当然の流れとも言える。

「白人ストレート男性」だけがヒーローではない

ファイギはまた、『ブラック・パンサー』が公開されたとき、自分みたいなヒーローが登場することに感激した黒人のファンが「白人はいつもこんなふうに感じてきたのかな」と投稿したのを見てはっとしたとも語っている。

白人ストレート男性である自分は、それを当然のことと受け止めてきたのだと、そのとき初めて気づいたというのだ。幸い、ファイギには状況を変えていくパワーがある。そのことを十分認識している彼は、今後、そのパワーをたっぷりと使っていくはずだ。

そして、多様化への意識が進むハリウッドには、同じことを考えている人が、ファイギ以外にもいる。今回のスーパーマン騒動は、まだ始まりにすぎない。そのうちきっと、いちいち騒がれることもなくなっていくことだろう。少なくとも、そう願いたいものだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT