「LGBTQヒーロー」が歓迎されるべき納得理由 ヒーローは「白人男性」だけの特権ではない

拡大
縮小
なぜ「LGBTQ」のヒーローが今、歓迎されつつあるのか?(画像:DC公式Twitterより)

“バイセクシャルのスーパーマン”が、海を越えて論議を呼んでいる。11月9日、DCコミックスから出版される新刊『Superman: Son of Kal-El(原題)』で、クラーク・ケントの息子ジョン・ケントに男性の恋人ができると発表された。

つい半年ほど前には、黒人のスーパーマンを主役にした映画の企画が進んでいると報道されたばかり。このときも、今回同様「それをやりたいなら新しいキャラクターでやればいい」「どうしてスーパーマンでやる必要がある?」「お願いだからスーパーマンは放っておいて」という声が多く上がった。

それらの意見は、一見、妥当なように思える。だが、それは違う。これは、スーパーマンだからこそやる意味があるのだ。

多くの子どもたちはスーパーマンになれなかった

スーパーマンは、昔から世界中の子どもたちにあこがれられてきた特別なヒーローだ。子どもたちは、スーパーマンごっこをしては、空を飛び、正義のために戦う自分を想像してきた。

だが、映画やテレビが新たに作られたとき、スーパーマンを演じるのは、いつも白人のストレート男優。スーパーマンは白人のストレート男性だと決まっているのだから、しかたがない。多くの子どもたちは、自分はスーパーマンになれないということを、無意識のうちに、その都度思い知らされてきたのである。

今回、その“常識”がくつがえされるわけだが、それをクラークではなく息子でやったDCコミックスは、賢いと言わざるをえない。クラークにロイス・レンというパートナーがいることは、周知の事実。それなのに、突然にして実はバイセクシュアルだったとか、ゲイだったとなったとしたら、無理があるし、従来のファンを怒らせるのは必至だ。

しかし、彼の息子世代、つまりもっとオープンな時代に育った今どきの若者がバイセクシュアルだったら自然である。現実の世の中でも、わが子がカミングアウトしてその事実を親が受け入れるということは、今や頻繁に起こっているのだから、むしろ一部の親世代からは共感を得られるだろう。

それにジョンだって、スーパーマンはスーパーマンだ。クリエーターたちは、クラークのレガシーを変えることなく、スーパーマンをアップデートしてみせたのである。

先に述べた黒人スーパーマンの映画プロジェクトにしても、同じパターンになりそうな気配だ。こちらも、主人公はクラークではなく、コミックに登場する黒人のスーパーマンになるのではと言われているのである。

ひと足先に、スパイダーマンも同じ方法で成功した。アニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の主人公は、黒人の高校生。彼はスパイダーマンになるものの、おなじみピーター・パーカーにすり替わったわけではなく、ピーターはピーターとして映画に登場する。

次ページコミックスの広い世界観が多様化への道を開いた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT