「LGBTQヒーロー」が歓迎されるべき納得理由

ヒーローは「白人男性」だけの特権ではない

スパイダーマンも、スーパーマンも、ひとりしか存在してはいけないというルールはない。複数いて、そこにLGBTQや有色人種の人間がいても、なんら問題ないはずだ。その視点が多様化への突破口も開いたと言える。

『スタートレック』の挑戦

一方で、2016年の『スター・トレック BEYOND』は正攻法で、おなじみのキャラクターであるスールーをLGBTQにしてみせた。このときも、かなり大きな論議が起こっている。オリジナルのスールーを演じてきたジョージ・タケイも、自身がゲイであることをオープンにしているにもかかわらず、「新しいゲイのキャラクターを出してくればいい」と反対の声を上げていた。

それでもライターらは、スールーでそれをやることにこだわったのだ。出演と脚本家を兼任するサイモン・ペッグは、当時、筆者とのインタビューで、「新しくゲイのキャラクターを作ると、観客はその人を最初からゲイとしてしか見ないから」と理由を語っている。

そう聞いて、筆者は大いに納得した。LGBTQの人にとって、その部分はもちろん大きなアイデンティティであるとはいえ、それがすべてではない。それは、その人がもつたくさんの側面のひとつであるにすぎないのだ。

それに、現実の世の中では、出会ったときからその人がLGBTQと知っていたというより、しばらくしてから「そうだったんだ」となることのほうが圧倒的に多いものである。我々のスールーも、そのひとりだったというわけだ。

同作は、そこを実に上手に扱っている。公開前には「今度の映画ではスールーがゲイとして登場するらしい!」と大きく騒がれたにもかかわらず、いざ映画を見てみると、「えっ?これだけ?」という感じなのだ。

つまり、スールーという愛すべきキャラクターにとって、自身の性的指向はその程度のこと。ならばわざわざやらなくても良かったのではと思った人もいるかもしれない。だが、その小さなことが、すべての観客を、さりげない形で、もっとウエルカムするではないか。

次ページマーベル映画にもLGBTQキャラクターが登場予定
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT