トム・ハンクス感染がアメリカに招いた大恐怖

コロナを理由に人気映画も続々「公開延期」に

ハリウッドのコロナパニックの幕開けがトム・ハンクス夫妻とは、何とも妙な巡り合わせだ(写真:Axelle/Bauer-Griffin/GettyImages)

ウイルスは、差別をしない。金持ちでも、有名人でも、「最もナイスな人」でも、完璧に避けるのは不可能だ。トム・ハンクス夫妻のコロナ感染発表は、そんな当たり前の現実をハリウッドに突きつけることになった。

ハンクス夫妻が感染を知ったのは、彼が新作の撮影準備をしていたオーストラリア。彼のインスタグラム投稿によると、彼と妻リタ・ウィルソンは、「風邪をひいたようなだるさを感じた」ことから、「今の世界の状況を見ても正しいことをしよう」と、検査をしてもらった。結果、陽性反応が出て、夫妻は指示に従い、隔離されることになったという。

ハンクスが撮影に入ろうとしていたのは、バズ・ラーマンが監督するエルビス・プレスリーの伝記映画。これを受けて、製作配給のワーナー・ブラザースはすぐ、プロダクションの一時中止を決めた。

発覚までに何人のクルーやキャストがハンクスと接触をもったのかは、明らかにされていない。ウィルソンも、つい最近、シドニーのオペラハウスやブリスベンのホテルで歌ったほか、インタビュー番組の出演でテレビ局を訪れている。

アメリカを襲う「コロナウイルス」

このニュースがテレビで流れる直前には、トランプ大統領がアメリカ国民に向けて生放送で新型コロナについてのスピーチを行っていた。その中で、トランプはまだこれを「外国からのウイルス」と呼んでいたのだが、直後にアメリカで最も愛される俳優が真摯な告白をしたことで、そんなごまかしは一気にばれてしまった。

NBAは今シーズンの試合をすべてキャンセルする旨を伝えた(画像:NBAツイッター https://twitter.com/NBA/status/1237917831506857989 より)

さらに、ほぼ時を同じくして、プロバスケットボールチーム、ユタ・ジャズに所属する選手の感染がわかり、NBAは今シーズンの試合をすべてキャンセルするという、大胆な決断をしたのである。

これはもう正真正銘、アメリカの問題。誰もがたちまちそれを実感したのが、この瞬間だったのだ。

この急速な展開は、それまで様子見モードだったハリウッドを、突然、真っ青にした。アメリカでもここしばらくコロナはトップニュースで、人々は不安を感じてはいたが、その前の週末(3/6-3/8)の映画館の売り上げは前の週より4%アップするなど、まだ日常だったのである。

次ページ『007』最新作も公開延期に
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。