トム・ハンクス感染がアメリカに招いた大恐怖

コロナを理由に人気映画も続々「公開延期」に

カンヌ映画祭も、SXSWも、イベントの保険には入っているが、感染病はカバーされないのだそうだ。経済的ダメージは非常に大きく、また、集客をあてにしていた街全体も大損害を受ける。

映画もまた、被害者だ。カンヌが中止になった場合、ここでの華やかなプレミアを狙って提出されている数多くの作品は、宙に浮くことになる。すぐに作戦を変えて9月頭のヴェネツィア映画祭に出す手もあるが、コロナで最も被害に遭っているヴェネツィアが、その頃までに正常化しているかは不明だ。その玉突きは、トロントやニューヨーク映画祭にも及び、あぶれてしまって発見してもらえる機会を失う映画も出てくるだろう。

「存続の危機」に直面した映画館

それは、映画祭でかかるような高尚な作品だけにかぎらない。『007』や『F9』のような超大作なら心配はないにしても、それ以下の映画だと、公開延期でタイミングを失い、そのままお蔵入り、あるいはストリーミングに直行となってしまうものも出てくるかもしれない。

また、ハンクスの映画に続き、ほかにもキャストやクルーの安全のために撮影を中止する映画が続出したが、このせいで、すべてが落ち着いたとき、映画館でかける作品が少ないという状況になることも考えられる。この非常事態で映画館に行かないのがデフォルトになったところへ、映画館の魅力がさらに下がるとあれば、劇場主には大危機だ。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

そうでなくても近年、劇場主たちは、Netflixをはじめとするストリーミングに客を奪われてきた。そう思うと、ハリウッドのコロナパニックを幕開けたのがハンクスだったのは、妙な巡り合わせのように思えてくる。

テレビと映画のクオリティーの差がどんどん狭まり、テレビにも出演する映画スターが増えていくなか、変わらず映画だけに出てきたハンクスは、アメリカの映画俳優の象徴的存在だからだ。ウイルスはわざわざ、そんな彼をメッセンジャーに選んだのか。だとしたら、ますます憎らしくなる。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。