就活生の「印象がよい採用ホームページ」TOP20

首位は楽天グループ、高評価の企業の共通点は?

就活生が魅力を感じる採用ホームページにはどんな特徴があるのだろうか(写真:メディナス/PIXTA)

コロナ禍によって新卒採用に大きな変化が生じている。2020年卒採用まで企業は学生と会うことを目的とし、学生も企業と接触したいと願った。ところが、2021年卒採用でオンライン化が始まり、そして2022年卒でインターンシップ、会社説明会、面接に至るまで常態化した。そして、採用ホームページの重要性が高まった。

そこで今回は、学生が好感する採用ホームページを取り上げ、どのような工夫が学生の興味を惹起しているのかを調べてみたい。

採用の命運握るホームページ

今回紹介する調査は、HR総研が「楽天みん就」と共同で実施した「2022年卒学生の就職活動動向調査(2021年3月、6月)」。6月調査の「閲覧した採用ホームページの社数」を見ると、文系全体では「10社」以上を閲覧した割合は81%を占める。大学クラスが高いほど閲覧社数が多い傾向が見られ、早慶クラスで「10社」以上を閲覧した学生は90%にも達している。

就職四季報の姉妹サービス「シキホー!Mine」はこちら

理系は文系よりも閲覧社数は少なく、「10社」以上を閲覧した割合は65%となっている。ただ大学クラスが高いほど閲覧社数が多くなるのは文系と同じ。旧帝大クラスと早慶クラスでは「10社」以上がともに76%である。

上位校の学生へのアプローチには、魅力ある採用ホームページが必要である。その魅力を学生コメントから検証してみたい。

この数年に新卒人気が突出してきた企業の1つに楽天グループがある。以前から「楽天」というブランドの知名度は高かったが、就職先としての人気は今ひとつだった。しかし、この数年に楽天の就職人気度は急上昇してきた。たぶん携帯電話事業への参入が影響している。「楽天モバイル」事業は2017年12月に発表され、2020年4月にスタートしている。学生は携帯電話のヘビーユーザーであり、料金プランに敏感である。

次ページ楽天グループの好感度が高い理由
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT