こまめなLINEに果敢に挑んだ婚活男性3人の顛末

送りすぎも、送らないのもNG……難しい送返信

今回はLINEのやりとりで婚活に失敗・成功した男性3人を紹介します(写真:kikuo/PIXTA)
婚活で結婚するには、お見合いから交際に入ったら、マメに連絡を取り合い、最低でも1週間に1回は会う時間を作り出すことが大事だ。ところが、コミュニケーションを取る時間を作り出しているにもかかわらず、それだけでは結婚までたどり着かないのが婚活の難しさでもある。
仲人として、婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けしていく連載。今回は、前向きに動いている男性3人の例を見ていきながら、「出会った相手との交際を、どうしたら結婚にまで結びつけることができるのか」を考えていきたい。

婚活は生活圏内での結婚とは違う

何度もこの連載で述べてきたが、“生活圏内の結婚“と“婚活の結婚“は、性質が大きく違う。生活圏内での結婚は、自分が生活している範囲内(会社や趣味のサークルなど)に異性がいて、そこで自然なコミュニケーションを取っているうちに、相手を異性として意識し好きになる気持ちが芽生え、どこかのきっかけで「僕ら付き合おうか?」というフックがあって、恋人同士になる。

そして、そこから恋人同士の時間を重ね、結婚への気持ちが育ったところで結婚となる。つまり、いつも気持ちが先行して、恋人同士や結婚という形になっていくのだ。

この連載の一覧はこちら

ところが、婚活の場合は、それまでまったく面識のなかった2人が、プロフィールの条件や写真を見て、“この人となら結婚を考えることができるかもしれない“と思い、お見合いという形で出会う。1時間程度のお見合いをして、好印象を抱けば交際に入り、2人は結婚に向かって歩き出す。

しかし、その時点ではまだお互いの人柄も十分にわかっていないし、相手を好きだという気持ちも育っていない。なので、結婚までたどりつくには人柄を知り、気持ちを育てていかないといけない。

次ページLINEはコミュニケーションツールと心得る
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT