こまめなLINEに果敢に挑んだ婚活男性3人の顛末

送りすぎも、送らないのもNG……難しい送返信

そのためには、できるだけ多くのコミュニケーションを取っていくしかないのだ。

婚活で結婚できない人たちは、お見合いから交際に入ってもまったく連絡を取り合わず、ファーストデートがお見合いから1カ月も経っていたりする。そんなカップルは、1度会って交際終了になることが多い。

私は、入会面談のときにこの話を必ずしているので、私の会員たちは動ける人たちが多いと自負している。ことに男性には、「LINEは連絡ルールではなく、コミュニケーションツールだから、できることなら毎日入れてくださいね。最低でも1週間に1回は会うようにしましょう」と言っている。

ただしLINEに関しては、その日のうちに相手からレスが来なかったら、翌日は入れなくてもよい。レスも来ないのに、定期便のように毎日入れるのは、逆効果だからだ。また、レスの遅い相手というのは、婚活で結婚するのは難しい人たちなので、早い段階で見切りをつけたほうがよい。

さて、この通りに行動した3人の男性がどんな結果になったか。

ハンサムな好青年タカハシのケース

まずは、大手企業に勤めているタカハシ(35歳、仮名)。見た目もスリムでハンサムな好青年だ。彼は、よしえ(31歳、仮名)とお見合いの後に交際に入り、3回目のデートを終えたところで、こんな経過報告を入れてきた。

「3回目のデートは、アミューズメントパークに行ってきました。終始会話が絶えず、アトラクションに乗るときには、手を貸すなどして、2人の距離も縮まったと思っています。お付き合いに入ってからは、毎日LINEでやりとりし、お互いの価値観や結婚観へのすり合わせも、少しずつですができてきていると感じています」

そして、4回目のデートを終えたところでは、こんな報告があった。

「今日は、博物館に行った後に、カフェでお茶をしながら、少し踏み込んだ話をしました。結婚後の働き方や子どものこと、またお互いの両親が年老いていったときに、両親の介護をどのようにするかなどに触れました。よしえさんはデートのたびに、『この間はごちそうさまでした』と、手土産を持ってきてくださる優しい心遣いのできる方です。最近は仕事が忙しいらしく、LINEのやりとりも以前よりシンプルになってきましたが、そのぶんデートで踏み込んだ話ができているので、2人の距離は近づいていると思います」

ところが、その3日後にタカハシからこんなLINEが来た。

「よしえさんとの交際は、難しいかなと感じるようになりました。次のデートの約束をしていたのですが、急にキャンセルになり、その後の代替案も出てこず、何か私とは距離を置きたいのを感じました。まだお互いがしっかりわかり合えていないうちに、このような状態になるのは、暗雲が垂れ込めている気がします。苦渋の決断ですが、交際終了にしようかと思います」

次ページタカハシの交際終了に相手女性の反応は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT