3年で婚約破棄と離婚を経験した39歳男性の苦悩

二度の失敗に「僕は女性を見る目がないのか…」

婚活で知り合った女性は結婚後、勝手に仕事を辞め、1日中ゲームをするように……(写真:Ushico/PIXTA)
ご縁あっての結婚だが、結婚がうまくいかず離婚にいたることもある。熟年離婚も増えているようだ。ただ、離婚したからといって、そのまま独身を通すのではなく、離婚経験者ほど再婚を希望する。これまでの会員を見ると、再婚希望者のほうが婚活で結婚していく確率が高い。それは、結婚へのステップを経験しているので、相手と出会ったときに道筋をつけやすいからだろう。
仲人として、婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声と共にお届けしていく連載。今回は、一度の婚約破棄、一度の離婚を経験した39歳男性が、再婚するために婚活をスタートさせた軌跡をつづる。結婚にとって大事なことは何なのかを一緒に考えてみたい。

キャリア志向の強い女性と婚約するも

入会面談にやってきたまさや(39歳、仮名)が開口一番、こんなことを言った。「つくづく“女運がないな“と思うんですよね。女運というか、僕は女性を見る目がないのかもしれない」

私大を卒業した後に大手企業に勤め、年収は800万。見た目も悪くない。何の苦労もなく結婚できそうなタイプなのだが、一度の婚約破棄と一度の離婚を経験しているという。

まさやはこれまでの経緯を語り出した。婚約破棄は35歳のとき。相手は、友達の紹介で付き合うようになったさとみ(30歳、仮名)だった。

「出会ってから1年くらい付き合っていたんですが、彼女が30を過ぎたときに、『そろそろ結婚を考えない?』と言い出したんですね。僕も35だったし、身を固めてもいいかなと思っていたので、双方の親に紹介したりしながら、結婚の準備を進めていったんです」

この連載の一覧はこちら

さとみは、国立大を卒業したキャリア志向の強い女性だったが、30歳という年齢に、その後の人生設計を考えたようだ。出産を視野に入れたら、ここで結婚して家庭の基盤を作っておいたほうが、キャリアアップが図れると思ったのだろう。

「彼女の大学は僕の大学よりレベルでいえば上。だからといって僕をバカにするようなところはなかったし、サバサバした性格で付き合いやすかった。何か言うとすぐに泣くような女性は苦手だったので。だけど、とにかく負けず嫌いで、仕事への向上心が人一倍強かった。『出産しても仕事は続けたい』と言っていました」

次ページ結婚準備を着々と進めていった二人に暗雲が
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT