こまめなLINEに果敢に挑んだ婚活男性3人の顛末

送りすぎも、送らないのもNG……難しい送返信

「お世話になっております。ヤマダ様との交際につきまして、お気持ちなどを教えていただきたくご連絡しました。9月は日々LINEのやりとりがあり、頻繁に会って食事などをしていたようです。当会員としては、一緒にいて楽しく、居心地がよく、ヤマダ様とのご交際を大切に考えているようです。

10月はヤマダ様のお仕事が忙しいようで、なかなか会う時間が取れないとのことでしたが、『毎日、LINEをしますよ』とおっしゃってくださったことが、とてもうれしかったようです。もし、当会員の気になるところがありましたら、遠慮なくお知らせくださいませ。このままいい形でご縁が繋がっていくことを、祈っております」

私は、このLINEをそのまま貼って、ヤマダに知らせた。すると、ヤマダからはこんな連絡が来た。

「自分としては、入会面談のときに言われたことを実行しただけなのですが、さとこさんの気持ちを知って、安心しました。自分との交際を大切に思ってくださっているのは、とてもありがたいことです。これからも、真摯に向き合いながら、交際をいい形で前に進めていきたいです」

頻繁に会って、食事したり、会話したりしたことで、お互いの気持ちがわかりあい、また距離も縮まった。さらにさとこは、「10月は毎日LINEします」と言ってくれたヤマダの言葉が、うれしかったのだ。

「LINEが毎日来て、うるさい」とか、「毎日来るLINEに、何を返信したらいいのかわからない」という会員がたまにいるのだが、そういう人たちは、その相手との波長や相性が合っていないのだ。

3人はなぜ成功し、なぜ失敗したか

3人の男性は、お見合い後にこまめにLINEを入れ、頻繁に会おうと試みた。婚活をうまくいかせるための行動は、同じようにとっていたのだ。

しかし、先述の2組のカップルは、男性側の行動や発言が女性側と大きくすれ違っていた。これが婚活の難しさなのだ。

ただ、行動を起こしている人は、いつか波長や価値観の合う相手に出会う。そうすると3例目に紹介した男性のように、結婚までの道筋がスムーズに敷かれていく。

婚活での結婚は、いつ運命の相手に出会えるかはわからない。それまで傷ついたり、憤慨したり、落ち込んだり、疲れたりすることもあるだろう。ただ、これからの人生を1人で生きていくことに寂しさを感じ、信頼し合えるパートナーを得たいのなら、諦めずに出会い続けることが大事なのだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT