岩澤信夫 その1【全4回】 耕さない田んぼで利益の出るコメ作りをする



 機械化ができず、お年寄りだけでやっている農家だったのです。彼らは機械化農業で使う2・5葉(葉が2枚半)の稚苗(ちびょう)ではなく、水苗代の5・5葉の成苗(せいびょう)を植えていました。これがイネの生命力を強めていたのです。けれども苗を成苗まで育てるのはたいへんです。そこで私は、スイカの苗作り技術「低温育苗」を応用しました。苗を田んぼにつけて寒さを与え、伸びすぎないようにしたのです。

同じ頃、福岡正信先生の本『自然農法--緑の哲学の理論と実践』に出合いました。不耕起という言葉を初めて知り、本を読んだ翌日、愛媛県の福岡先生の自宅を訪ねました。福岡先生が言うようなイネの種を直接まく直まきは寒冷地には合いませんでしたが、耕さない田んぼに成苗を植える方法を考え、試しました。

すると非常に生命力の強いイネが育ちました。93年の大冷害のときにはほかのイネの収穫がほぼゼロの地域で、不耕起の田んぼだけが豊かに穂を垂らしたのです。こうして不耕起栽培に自信を深めていきました。

いわさわ・のぶお
1932年千葉県成田市生まれ。旧制成田中学(現・成田高校)卒業後、家業の農業に従事。スイカの早期栽培に成功した後、コメ作りを研究。長年の試行錯誤の後、耕さない田んぼで、農薬も肥料も使わずに多収穫のイネを作ることに成功した。日本不耕起栽培普及会会長。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT