岩澤信夫 その1【全4回】 耕さない田んぼで利益の出るコメ作りをする

田んぼを耕さなければおコメはできない--ほとんどの人がそう信じています。しかし、私は耕さない田んぼで、肥料も農薬も使わずにおコメを作る方法を、20年かけて考え出しました。この「不耕起栽培」をやっている農家は、経済的にもうまくいっています。

今、普通に田んぼを耕し肥料・農薬を使っておコメを作ると、1キログラム約300円の生産費がかかります。ところがおコメの卸価格は200円強。補助金も焼け石に水で、人件費をタダと見てようやくトントンです。

ところが不耕起栽培で作ったおコメは、無農薬・無肥料で安心なので高い値段で売れます。私の家のそばの農家は1キログラム600円以上、新潟県のある農家は3000円以上で売れています。トラクター代やその燃料費、農薬・肥料代がかからないので、利益もしっかり出ます。

私は農業を始めた当初、スイカ作りを夢中になってやっていました。当時は竹ひごにフィルムをかけたトンネルで栽培するというのが一般的な方法でしたが、その上にさらに大型の鉄パイプを組みビニールをかけました。すると1カ月以上早く出荷できるようになり、10アール10万円の売り上げが常識のところ、10アール50万円を売り上げることができました。

次に私はイネ作りの研究に没頭しました。1980年と81年の東北冷害を経験し、冷害に強いイネ作りを目指しました。冷害でも被害の少ない田んぼがあり、その持ち主を訪ねて回ると共通項がありました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT