対策ラベルすら模造!「偽物ゴルフクラブ」の驚愕

いたちごっこだが対策しないわけにはいかない

ラベルには、3つの検証機能がある。

① カラー出現機能…ラベルが見る角度により色が変化する
② 絵柄切り替え機能…ラベルを回転させると絵柄がチェンジする
③ フィルター検証機能…専用フィルターで潜像が出現、フィルターを回転させると潜像パターンが白黒反転する(専用フィルターが必要)

一般の人でも、現物を手にした時には①②で確認は容易だ。しかし用品協会の調査によると「一般ユーザーのラベル認知度は20~50%」といい、模倣品に対する一般の意識はまだ低い。

模倣品は確かに精巧に「真似」しており、ロゴの刻印の大きさが少し違ったり、色味が少し違ったりなど、正規品と並べて比較しながら見ないと区別できないものが多い。用品協会では、ホームページに模倣品についてのコーナーを立ち上げ、対策ラベルのチラシなども見られる。気になる方は参考にしてみたい。

クラブ買い取りで模造品が持ち込まれることも

実際の模倣品と対峙する現場、ゴルフフェアで模倣品の注意喚起をしていたゴルフパートナーの販促企画課に現状を聞いてみた。同社は全国に400店舗を持ち、一般からのクラブの買い取りを行っており、模倣品が持ち込まれることがある。

――どのぐらいの数の模倣品が持ち込まれていますか。

本社に連絡があるだけで月20~30件ですが、これは精巧につくられていて店舗で判断がつかず、メーカーへの問い合わせも必要になってくるケース。連絡のないものも合わせると月70~80件は持ち込まれていると考えられます。

――持ち込まれた模倣品はどう処理しますか。

引き取りはしません。クラブとしては使えるので、その後のことはお客様に決めていただいています。

――模倣品の出どころは?

オークションサイトやフリマサイトなどで購入した方が多いようです。日本国内での個人間売買はそう問題ではないのですが、海外が絡む個人間売買のサイトが多いようです。

――どこでつくられていると考えられますか。

模倣品のほとんどは中国だと思われます。サイトの監視はしているのですが、多数の出品があると、量的に怪しい。製造も組織的だと思います。

――知らずに出品、購入する方が多いのでしょうか。

模倣品とわからずに買ったものを出品するケースもあるでしょうが、製造元に近い人が出品することが多いと思います。

次ページ模造品の見分け方は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT