ゴルフ場に若者激増、突如吹いた追い風の正体

仲間や家族と楽しむ人が増えている

ゴルフを新たに始める若い人たちが増えている(写真:Fast&Slow/PIXTA)

ウィズコロナの時代、ゴルフが図らずも見直されてきたのだろうか。

3密のリスクが少ない屋外の環境、適度な運動量、ゴルフ場のコロナ対策としてスループレー(18ホールを途中の食事休憩なしで回る)やパーティーの休止などによる拘束時間の短縮、といった要因が絡んだのだろう。若い層がゴルフをする動きが表れてきている。

約440万人が利用している国内最大級のゴルフポータルサイト、ゴルフダイジェストオンライン(GDO)のゴルフ場予約状況が9月28日に発表され、ゴルフ場予約サービスを利用した「月別ゴルフ場送客件数」は、8月が前年同月比25%以上増えた。これは8月実績としては過去最高だ。

データをつぶさに見ると、複数組で行う「コンペ」の送客は前年同月比14%減少している一方で、仲間内や家族などの個人客の利用が伸び、全体の送客数が増えた。

20~30代の予約数が2倍に

注目したいのが世代ごとのデータだ。緊急事態宣言の解除後、人の移動制限の緩和とともに、20~30代の予約数が前年の約2倍に増加しているのが特徴的だとしている。

またGDOのリリースによると、グーグルトレンドでは「ゴルフ 初心者」などのキーワード検索が、8月は前年同月比で6%増加しているという。

GDOのコンテンツの1つ「初心者ゴルフナビ」などのゴルフ初心者向けページ閲覧も同じく約17%増加。予約する際に利用されたチャネルは、コロナ前と比較してアプリやスマホ経由などが増加しており、若い層が増えていることを示していそうだ。

総務省「家計調査(2人以上の世帯)」にある、世帯主の年齢階級ごとの「ゴルフプレー料金」に関する項目も見ておこう。100世帯当たりの購入頻度は、29歳以下において昨年8月のゼロから今年8月は1回に増加、30~39歳も昨年8月の2回から今年8月は5回に増えている。

もともと頻度が少なかったので大した数字には見えないが、ゴルフ界にとっては大きな数字だろう。GDOの発表データを裏付けるものでもある。

次ページ練習場への来場者も急増
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT