45歳定年制に憤る人に知ってほしい働き方の現実

私たちは70歳までのキャリアをどう描けばいいか

そして最後に46歳以降のビジネスパーソンは、今の職場での自分の価値をどう最大化できるかに考えをフォーカスするのが望ましい。日々落ちていく体力を補って経験年数で価値をつけていく。それでなんとか今の組織で居場所をキープし続けることを考える必要があります。

大企業で働く46歳以上のビジネスパーソンが知っておいたほうがいい経済原理があります。これはMBAのコースでも初期に教わることなのですが、経営者は「既得権益を大切にしなければならない」ということです。

高齢社員が既得権益のように高い給料で仕事もせずにのさばっているというのは世の中的には批判される事態ですが、昭和の時代の新入社員に約束された権益であったことも事実です。若いころは安い給料で働きなさい、会社は歳をとってからも面倒をみるからと言われて頑張ったのが今会社にいる高齢社員です。

高齢社員の既得権益も国が衰退すれば長続きしない

そして経営者は既得権益を守る義務がある。なぜならばそれをおろそかにすると資本主義社会では誰も長期投資をしなくなるのです。このように自分が会社に居座るのは、資本主義社会にとっては実は正義だという事実があることを前提に、自信をもって高い給料をもらっていいと思います。

とはいえ、そのような高齢社員の既得権益も、国が衰退すれば長続きはしないでしょう。45歳以下のビジネスパーソンは、いずれ45歳定年論は何度も言い方を変えて問題提起されていくという覚悟が必要になるかもしれません。いろいろと議論はあれども、いい解決策はない。つまるところ、自分の経済価値をどこまで上げられるかを考え続けなければ、楽には生き残ってはいけない時代なのだということです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT