【産業天気図・アパレル】低価格志向根強く「曇り」、高額衣料品の本格回復はまだ先

予想天気
  10年4月~9月   10年10月~11年3月

 アパレル業界は2011年3月まで1年間通じて、「曇り」の鈍調な景況感になりそうだ。リーマン・ショック以来の節約疲れで消費の戻りも一部でみられるものの、回復基調と言えるほど強くない。各社の主軸は今期もやはり低価格帯となりそう。百貨店向けなど高額衣料は厳しい状況になりそうだ。

低価格のファストファッション各社は出店意欲旺盛。ファーストリテイリング<9983>の主力業態「ユニクロ」の10年8月期は、国内店舗純増数が39店と前期の11店から増加する。さらに純増店舗数のうち標準店舗の2~3倍となる500坪以上の大型店が31店を占めるなど、売り場面積も拡大する。しまむら<8227>も前期以上の出店に加え、手薄だった都市部への進出も強化する方針だ。

ただ、3~4月は気温低下でファストファッションも苦戦を強いられた。ユニクロは既存店売上高が3、4月と前年同月比2ケタ減。しまむらやポイント<2685>もそれぞれ同10%前後の減少となった。商品回転の速いファストファッション各社では3、4月には春夏物が店頭に並ぶ。販売商品と気温とのギャップが大きく、春夏物の販売不振で既存店が前年を大きく下回った。

気温が上昇してきた5月以降は、各社ともに既存店の減収幅を狭めている。持ち直しの立役者は機能性の衣料品だ。ユニクロの夏用機能性肌着「シルキードライ」、「サラファイン」や、しまむらの「ファイバードライ」シリーズが順調に売れている。節約疲れが指摘される中でも、「納得品質・機能で低価格」という消費傾向は依然として根強い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT