フォロワー110万人「現役僧侶」が語りかける真理

将来不安定な「雇われ坊主」の熱すぎる生き様

インフルエンサー・坊主さんの生き様とは?(撮影:佐々木仁)
この記事の画像を見る(6枚)

ツイッターのフォロワー数約110万人の、異色のインフルエンサーがいる。現役僧侶の“坊主”さんだ。

投稿内容は、フォロワーを巻き込んでの大喜利大会や、ハゲ・モテないといった自虐ネタなど、「本当に聖職者かよ?」というものが中心。一方で、仏教の教えをわかりやすく伝えたり、災害や迷い犬の情報を拡散したりと、要所で意義ある投稿も行っている。

SNSの駆使だけでなく、バーの経営者という顔も持つ坊主さんは、素顔も年齢も経歴も明かしていない。どのような人物なのか、異端児の正体に迫った。

「自分なりのやり方で仏教を広めたい」

(画像:坊主さんのツイッターより)

坊主さんは大学で仏教を学び、数年間の修行を経て、ご縁があったお寺で働くように。仏門に入った経緯については「内緒です」とはぐらかすが、家系は仏教と無縁で、自らの意志で僧侶になることを決めたという。

お寺での仕事は、一言でいうと住職の付き人。法事や葬式・通夜のサポート、車の運転、電話番、本堂やお墓の掃除、卒塔婆への文字書き、犬の散歩など。業界用語で“テラリーマン”と呼ばれる、いわゆる雇われ坊主だった。

私生活はどうか。休日は飲みに行くことが多かった、と坊主さん。基本的に飲酒は禁じられていたが、「嗜む程度に朝まで飲んでいました」と振り返る。私服はユニクロを愛用し、デートもすればパチンコにも行く。聖職者ではあるものの、ごく普通の青年の暮らしだった。

そんな坊主さんは、将来に漠然とした不安を覚えるようになる。雇われ坊主という立場は、住職の代替わりなどお寺の組織再編があると、いつお払い箱になるかわからないからだ。継ぐお寺がないことも不安要素のひとつだった。

「お寺の家系に生まれた人は、黙っていても住職になれるんです。でも、私は何もしなければ住職になれない。だから新しいことをして注目を集め、自分なりのやり方で仏教を広めたい、と考えるようになりました」

次ページ自然と三枚目担当に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT