日本人が知らない「1000円カット」の真の魅力

最大のセールスポイントは「安さ」ではない

会社員に人気の「1000円カット」その魅力とは?(写真:Fast&Slow/PIXTA)
サラリーマンにも人気の「1000円カット」。その1番の強みは「安さ」にあると思いがちですが、それとは別にもう1つ大きな魅力があることをご存知でしょうか? コピーライターの弓削徹さんの新刊『即買いされる技術 キャッチコピーはウリが9割』より一部抜粋・再構成してお届けします。

映画「SATC」は男性向け映画?

ハリウッド映画の『SATC』をご存知でしょうか。省略せずに言うと『セックス・アンド・ザ・シティ』。4人の中年女性がドタバタを繰り広げるラブコメディで、ヒットしたため続編もつくられました。

国内配給会社の宣伝担当者は、この映画のウリを問われて「女性が聞きたいガールズトークです」と答えていました。

そのため、映画のプロモーションは女性向けにおこなわれ、いざ劇場公開がはじまると、観客席はほとんど女性、あとはカップルがちらほらという状態。宣伝担当の戦略は正解だったように見えますが、この作品がDVD化され、セル、レンタルがはじまると、TSUTAYAなどのデータベースでは30代、40代以降の男性の貸し出し履歴がすごい勢いで伸びたのです。

つまり『SATC』は「男性も観たい、聞きたいガールズトーク」であったというわけです。しかし、ターゲットとウリがズレていることに、宣伝のプロである配給会社の担当者は思いが至りませんでした。

もし、ここに気がついていたなら、女性向けのプロモーションだけでなく、男性向けのプロモーションも実施することができたでしょう。「この映画は女性が楽しめるコンテンツですが、男性も一緒に、いいえ男性だけで観に行っても楽しめる映画です」とアナウンスする。さらに、あえて男性限定の試写会を開催して話題づくりをするという選択肢もありました。

もし、そうしたプロモーションも仕掛けることができたら、興行収入は1割、2割アップしたのではないでしょうか。けれども、宣伝のプロであっても、そこには気づかなかったわけです。

もう一つ、例をあげます。新聞です。新聞または新聞社のウリはなんでしょうか。この質問を、新聞社の人や記者さんにぶつけたときに返ってきそうなのが、「記事の質が高い」「情報が早い」「社説を読んでもらえればわかる」など、記事内容の優位性をウリとする回答です。

もし、本当にその通りなら、いまほどいい時代はありません。誰もがインターネットにアクセスしますから、自慢の記事をサイトにアップすれば、みんなが読んでくれて、有料会員になってくれるでしょう。ところが実際は、リアルの購読者も減っていますし、デジタル会員の登録者も増えていません。それを見る限り、どうも自己分析のウリは正しくないように思えます。

次ページ「新聞のウリ」は情報ではない
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT